▼大分店のブログは下のバナーをクリック
大分本店ブログ

大分本店店長 代表取締役/バイキング塚本
全卓に自動配牌卓を取り揃えております。
明るく雰囲気の良い店舗ですので是非一度お立ち寄り下さい。
常務取締役/オードリー田辺
自動配牌卓を導入し、WDも一新してます。
どのように変わったのか?
皆さん御自身の目でお確かめ下さい。お待ちしております。

第15回ドラゴン大王決定戦開催



大分県学割パワーアップ!



大分本店14周年記念大会結果

12月6日(土)7(日)の2日間 BD大分本店では14周年記念イベントが開催されました。
フリーの特別大還元イ ベントでは多くのお客様に楽しんでいただけたかと存じます。

7日(日)には定員の52名、13卓満卓によります14周年記念大会が開催されました。
本大会は、予選3回中1度だけ使えるドラゴンリーチ(得点が2倍)という新たなルールを取り入れましたところ
予想以上に大盛況!


開始早々使う方々が空振りに終わる方が多い中、フリー常連のお客様でもございます世良様が
きっちり8000 →16000にする和了をみせ、
その後も順調に加点し10万点超えのトップスタートで1回戦を終わり、首位


予選1位通過の方に終日フリーパス券が進呈されるため、他の皆さんも1度だけ使える
ドラゴンリーチを使うタイミングを見計らっていました。


2回戦では、開始早々こちらもフリー常連の姫野様がツモり四暗刻リーチをドラゴンリーチ!

そして・・・見事成就し、16000、32000の和了。

そして、その卓は姫野様が13万点近く叩きだしではオーラスに唯一ハコ上の(笑)
600点持ちの柴田祐輔プロが渾身の国士無双を出和了
放銃したのが・・・既に32000親被りしてしまっていた元従業員の現役大学生角谷くん(汗)
(まさか・・・64000点失ってしまう半荘になるとは・・・・残念ながら最下位になってしまうのですが
・・・32000和了した柴田祐輔プロがブービー賞って!)

予選2回戦が終了し・・・ここでボーダーの発表!

首位が2連勝中の小林玲子様!

4名の女性の参加者の中での大奮闘!最終戦に期待 がかかります!


そして、最終半荘でもこちらも常連の那須様が18000を36000で出和了。
更にコチラも元従業員の現役大学生穴谷君がツモり四暗刻リーチ!
これもなんと、16000、32000のツモ和了という結果に・・・


ベスト8を目指して最後までそれぞれがあきらめずに闘い続けます・・・・


別の卓ではドラゴンリーチの先制リーチに追いかけドラゴンリーチ!
コチラは、追いかけた現役大学生石原様5200を10400のロン和了という結果に(笑)

店内予選最終戦はボルテージが上がる中、見事予選を1位で通過したのが・・・

こちらも現役大学生の児玉亮様

見事フリーパス券を獲得!
(フリーはまだ1度しか来たことないという事なので、これからたくさん足を運んでね^^)

やはり若い力は素晴らしいのか・・・

しかし、ベスト8に名を連ねた方のほとんどが大分の麻雀強豪者ばかり・・・
といいますか児玉様以外常連の方々(笑)

1位通過 児玉(亮) 
2位通過    姫野 様
3位通過  中川( 光)様
4位通過    小柳 様
5位通過  中津留 様
6位通過    世良 様
7位通過    高田 様
8位通過    仲島 様


そして・・・決勝に残ったのはコチラの4名

世良 姫野 中川 児玉 (敬称略) 

そして・・・1位通過の児玉様の勢いがこの決勝戦でも続きます。

東をつかみ取りで引き、準決勝で焼き鳥だったラス席を迷わず選び・・・

東1局からのびのび好調を持続し和了を続け・・・

終わってみると60000点超えの圧勝劇!

他の3名も何度も闘いを挑み続ける ものの終始落ち着いていた児玉様の優勝で幕を閉じることとなりました。


優勝  児玉 亮 様

 

準優勝 世良 裕孝 様

 

3位  中川 光正 様

 

予選、準決勝、決勝とここでは書ききれない数々のドラマが多数生まれました。

麻雀という人と人が繋がるゲーム。それぞれに背景があり、
その背景には様々な思い入れがあります。

開始の際に皆さんが「宜しくお願いします。」

そして「ありがとうございました」といって、闘った後の色んな表情をした皆 様の姿が、
今大会の素晴らしさを物語っていました。

全参加者の皆様にこの場を借りて御礼を申し上げたいと思います。
ありがとうございました。

ブルードラゴン大分本店はおかげさまで14周年を迎えることができました。
今後も皆様方に愛されるお店作りを目指して日々人の繋がりを大切にして参りたいと思います。
これからも、益々のご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。
バイキング 塚本

 


BD大分本店13周年記念イベント報告!

11/30(土)12/1(日)二日間に渡り、BD大分本店13周年記念イベントが開催されました。

ゲストに、日本プロ麻雀連盟九州本部より

第29期マスターズ王者 小車 祥 プロ
浜上 文吾プロ、安東 裕允プロ、名倉 徹プロ、西川 舞プロをお招きし、フリーガチンコバトルを開催。

日頃、なかなか同卓できない方々との対戦を皆さんに楽しんでいただけたかと存じます。

12/1(日)には13周年記念大会が開催されました。

52名の参加による予選3回を終え、上位16名に残ったプロが小車pと安東p

その他14名は大分店の常連様ばかり。


第29期マスターズ王者 小車 祥 プロ
浜上 文吾プロ、安東 裕允プロ、名倉 徹プロ、西川 舞プロをお招きし、フリーガチンコバトルを開催。

日頃、なかなか同卓できない方々との対戦を皆さんに楽しんでいただけたかと存じます。

12/1(日)には13周年記念大会が開催されました。

52名の参加による予選3回を終え、上位16名に残ったプロが小車pと安東p

その他14名は大分店の常連様ばかり。



写真左から岸川 聡史 様
緒方 栄佑 様
諸岡 功太 様
小車 祥プロ

決勝戦では、東1局に親番で立て続けに高打点を和了した諸岡様を3人が追う展開に。
なかなか本手が決まらぬも、オーラス7本場まで積み上げ、執念を魅せる小車プロ。

 

 

 

結果、諸岡様が逃げ切り見事優勝いたしました!


優勝:諸岡 功太 様

今イベントにご来店いただきました皆様、ご協賛いただきました企業様、ご協力いただきました、日本プロ麻雀連盟九州本部の皆様、この度はBD大分本店の13周年イベントに多大なるご支援、ご協力を賜り誠にありがとうございました。
ご芳志に対し深く感謝と御礼を申し上げます。

BD大分本店は、長き伝統を誇りに新たな風潮を取り入れることを視野に入れ益々の発展と企業努力を怠らず、皆様に愛される店作りを目指して参りたいと思います。
今後とも変わらぬご愛顧をよろしくお願い申し上げます。

      

バイキング塚本


第5回プロアマ混合リーグ観戦記

宮崎 皓之介


1回戦
起家:松本 南家:高田 西家:塚本 北家:下山   ・・・・・・ 抜け番:阿部

「よろしくお願いします―。」始まりの挨拶とともに起家の松本よりサイコロが振られ、決勝戦が始まった。今日、大分プロアマ混合最強リーグの王者が決まる。
一回戦では各自のセンスが光るも明暗が分かれる展開となった。そして暗の部分となり苦しい始まりを迎えたのは自分の予想にはない人物であった。

東1局 ドラ三
開幕である東1局、誰もがなんとしても先制点が欲しいなかで最初に仕掛けるのは下山。7巡目、一枚目の中をポン。ドラまたぎの一・四待ちでテンパイ、これを松本より2000の出和了。静かな立ち上がりとなり前回王者下山がまずは一歩リード、このような仕掛けの安定感はさすがといったところ。
東2局 ドラ一
この局、親の高田に勝負手が入る。7巡目
一一七八九234 ツモ 打
自分なら手拍子でリーチをかけてしまいそうだが高田はここでダマを選択。次順、一をツモるも空切りでダマ続行。ここでもリーチを打たないところで高田の慎重さが伺える。結果、塚本より5800を出和了。この局は他家にとって印象に残ったのではないだろうか?
東3局2本場 ドラ東
この局より下山にとってこの半荘は苦難の局となる。下山、平和をテンパイするもドラの東を警戒しダマを選択、おそらく東をツモったならば丁寧に対応したのだろうが終盤4を切ったところ親の塚本よりロンの発声。
三四五33356東東東 ロン4
下山の予想を上回る東の暗子、そしてここ一番の塚本の完璧なダマ。この放銃でラスに落ちた下山、精神のバランスを保ちながら反撃に出ることはできるのだろうか?そして決勝戦でも普段と変わらず塚本の大物手の気配の消し方はお手本そのものである。
東3局3本場 ドラ8
下山、前局の失点を取り返すべくドラの8をカンし待ちでリーチ。だが和了れずに一人テンパイで流局となる。
ここまでの各自の持ち点
松本:29300 高田:33300 塚本:37300 下山20100
東場は下山の不調が目立つ展開が続いた。下山はオーラスの親番までに如何にして堪えるかが課題となりそうだが三者がそれを許してくれるのだろうか?

南1局 ドラ
この局、高田の麻雀センスがきらりと光る。序盤
56南南中中 ツモR 打

Rが二枚切れなので安全牌の確保なのだろうがを残しホンイツを目指して手牌を広げないのが高田らしさなのだろう。確かに三者が競っているこの局面の放銃は致命傷になる可能性が高く、このような状況のリスク管理能力の高さも高田の魅力の一つ。異なる考えの人も当然いるだろうが自分は好判断だと思う。
七順目、中をポンした後に手牌は大きく変化する


56南南R 中ポン 打R
56南南 中ポン ツモ 打で4−7待ち1000点テンパイ
56南南 中ポン ツモ南 打6で5単騎5200点テンパイ
56南南 中ポン ツモ南 打6で5単騎5200点テンパイ
5南南南 中ポン ツモ北 打5で地獄単騎8000点テンパイ
南南南北 中ポン ツモ 打北、――の最終形まで変化する
下山のがこれに刺さり高田はこの会心の和了で塚本を抜いてトップ目となる。

南2局 ドラ
ここまで息を潜めていた松本、ここでリーチと勝負に出る。
六七八八九九55北北北  打八リーチ
イーぺーコーダマの七待ちにせずシャンポンにしてのこのリーチ、松本の攻める姿勢が感じ取れる。見事、九をツモり1300・2600の和了を得る。

南3局1本場 ドラ九
さきほど見事な和了をした松本に大物手が入る。なんと9巡目に国士を聴牌、待ちは二枚切れの。これに対して親の塚本、聴牌してはいないと判断してドラを11巡目に切るが同じ9でも違う色。結果、下山が危険を察知し1000点でかわすがもし塚本がを掴んでいたならば切ったのだろうか?今となってはわからないがどこか危うさを感じた局であった。

南4局 ドラ5
前局でようやく初和了の香林、その勢いのままに4巡目親リーチをかけるが、
これが和了り切れず一人聴牌で流局となってしまう。

南2局 2本場 ドラ東
なんとか和了りたい香林だが、9巡目下山より先制リーチが入ってしまう。
次巡香林も追いかけリーチを放つもあっさり当たり牌を握ってしまい下山に2600の放銃となってしまう。

南3局 ドラ西
オーラス、下山はなんとか連荘したいがトップ目の高田にあっさりツモの発声。一回戦は終始安定した高田が逃げ切り三人浮きだが見事トップ。対照的に下山は苦しいスタートとなった。

一回戦終了時点ポイント
高田:+17.9 塚本:+8.5 松本:+3.3 下山:△29.7

二回戦
起家:阿部 南家:下山 西家:高田 北家:塚本       ・・・・・・ 抜け番:松本
二回戦で注目したいのは阿部。一回戦抜け番でじっくり対局を観戦して臨んだこの半荘、阿部の動きが一回戦と異なる展開を作るに違いない。

東1局 ドラ東
一回戦で大きくマイナスをしてしまった下山、10巡目リーチを掛ける。
二三三四四五23455
自分はこのリーチはしないほうがよいのではと思った。理由は三つ。一つは下のピンズが河に高かったこと。二つ目は待ちが苦しいこと。最後に打点が大きく伸びないこと。ダマなら確実というわけではないし、リーチを打たないせいで他者に和了が出るかもしれないがこの手はダマがよいのではないだろうか?結果で決めるわけではないが一人聴牌で流局となり下山にとってあまり感触のよくない局だったであろう。一つの判断で結果が大きく異なるのが麻雀。この判断はこの日の下山にどのように影響するのであろうか?

東3局 ドラ
親の高田4巡目に白をポン、続けてポンし、ドラ色であるピンズに染めて大物手を狙う。しかし高田を走らせまいと立ちふさがるのは南家の塚本高田の聴牌打牌であるRで仕掛けて打。高田のとのシャンポンをすり抜け高田の一を捕らえる。
二二二三五五五七八九 Rポン ロン一
勝負所と判断し限界まで勝負した塚本、安目だが貴重な和了となった。

東4局 ドラ中
この局が二回戦で最大の山場となった。まず仕掛けたのは下山、ソーズのチンイツを三副露で聴牌しドラの中を切ると東と中のダブルバックで仕掛けていた阿部がポンし勝負の構え。高田
二二二三三六六六66 ポン
この手を作りツモれば2000・4000の勝負手。三者に遅れながらも塚本もリーチを掛ける。全面対決となったが制したのは阿部高田の9を出和了し7700を得る。
78東東 チー 中ポン 9ロン
この和了は阿部にとってとてつもなく大きなアドバンテージになっただろう。逆に連続放銃をしてしまい苦しい展開となった高田は立て直すことはできるのだろうか?

南1局 ドラ6
ここまでの各自の持ち点
阿部:40000 下山:32000 高田:16100 塚本:31900 
ここでも阿部がこの半荘の決定打をモノにする。下山よりリーチが入るも阿部はあっさりツモ和了ってしまう。
九九666 白ポン 四ポン ツモ九
なんとドラが暗子で6000オールの和了。二回戦はこのまま阿部が逃げ切り終了。勝負所を抑えることがしっかりできるのは阿部の長所、上手く緒戦を制することができた印象であった。

二回戦終了時点ポイント
阿部:+34.1 下山:△2.5 高田:△8.0 塚本:△23.6

トータルポイント
阿部:+34.1 高田:+9.9 松本:+3.3 塚本:△15.1
下山:△32.2


三回戦
起家:高田 南家:阿部 西家:松本 北家:塚本
三回戦で同卓するメンバーで唯一トータルマイナスである塚本、決勝戦まで見据えるとここで上位陣を沈めて差を埋めておきたいところ。また二回戦トップであった阿部、ポイントを重ねてさらなるリードを作りたいところだがこのメンバーで思惑通りに事を進めることができるのだろうか?

東1局 ドラ三
中盤、親の高田に勝負手が入る。
二三四12345789西西
この手、高田はダマを選択。まるで一回戦のピンフドラ2のダマを彷彿させるようなダマ、これが高田の持ち味なのだろう。これに塚本が高めの6で放銃、11600の和了。三回戦は高田ペースですすむのだろうか?

東1局 1本場 ドラ
この局も高田はドラ2の一向聴が入り高田が一気に攻め立てるかと思わせたが、阿部がピンフのダマで親の連荘を阻む。

東3局 ドラ七
親番の松本、前局にダマで3200を和了し迎えたこの局で以下の手牌
三三34555899 ツモ4
松本はここで打3としほぼ対子形に決め打つ。この後、4をポンしツモれば4000オールまで手を伸ばす。この松本の聴牌に親の和了を阻止したい高田も追いつく
一二三七七八八九九34
ダマで構えるも待ちである2は捨て牌に三枚、5は松本が暗子使いと苦しい展開。結果、松本が9をツモ和了、高田の好調に陰りが見えてきたか。

東3局 1本場 ドラ八
トータルポイントで差が開いている塚本、なんとか阿部をラスにして差を縮めたい。中盤でターツ選択を迫られる。
三四89 2カン 打9
塚本の読みでは上のピンズが良く見えたのだろう、イーぺーコー確定の打ではなくソーズを払っていく。この読みは的中しをツモ、文句なしの最短リーチを打つも今日はここからが遠い。結果、ツモれず高田と二人聴牌で流局。

東4局 3本場 ドラ三
ここまで和了ができていない塚本、この親番でようやく和了を手にする。南家の高田が一通狙いのチーを入れたところに塚本が苦しい形だがリーチを被せる。
一二三四五六2345579
これが功を奏し、高田はオリを選択させられてしまう。塚本は8をあっさりツモ、点棒以上に感触のよい和了だろう。

東4局 5本場 ドラ三
前局、ノーテン罰符で阿部をラスにし三着に浮上した塚本、ダブ東をポンするも松本阿部よりリーチが入るものの松本より3900を出和了。塚本に上昇の兆しが感じられる。
次局、東場の親はノーテンで流れてしまうが塚本にとって光明が見えてきた。

ここまでの各自の持ち点
高田:41100 阿部:15500 松本:35700 塚本:27000

南2局 10本場 ドラ6
本場が積まれてから互いに決定打が出せれていない三回戦、供託も2本ありこの局面での和了は大きいと判断した高田が仕掛ける。
一二三五六66 チー 九七八チー

苦しい形から仕掛け片和了だが聴牌を入れる。だが終盤に松本よりドラ切りリーチが入る。重苦しい空気が流れたが場を制したのは松本、「ツモ!!」と気合が入った声が響き手が開かれる。

四四777西西西白白白 ツモ

なんと四暗子ツモである。この和了で松本の持ち点は70000点を越えて大量のリードを得る。これが決定打となり三回戦は松本の大トップで終了となる。

三回戦終了時点ポイント
松本:+46.5 高田:+6.4 塚本:△21.2 阿部:△31.7

トータルポイント
松本:+49.8 高田:+16.3 阿部:+2.4 下山:△32.2 
塚本:△36.3

二回戦で大きなトップを取った緒方が三回戦ラスを引くこととなり決勝戦は混戦の様相を呈してきた。
またトータルラスの香林は残り二半荘で四人との差を縮めることはできるのだろうか?


四回戦
起家:松本 南家:塚本 西家:阿部 北家:下山
暫定だが松本がトータルトップに立ち差が開いた三回戦。松本にこれ以上走られると事実上優勝が決まる可能性が出てきた。なんとかこの四回戦で松本の勢いを削り差を縮めたい三者だがはたして上手くいくのだろうか?
東1局 ドラ
五回戦が抜け番である塚本、なりよりも素点が欲しいところに7巡目聴牌
三四五234678
三色の変化を見据えダマに構える。途中、阿部よりがでるもこの手を1300で和了たくないため見逃す。数少ないチャンスをものにするためじっとこらえる塚本。しかし、中盤まで変化せず二枚目のを阿部より出和了。

東3局 2本場 ドラ一
ここまで我慢の麻雀が続いている塚本、ここで今日一番の大物手。国士である。一向聴まで伸ばし逆転の一撃が入るかと思いきや、これに敏感に反応した下山。タンヤオのみの両面チーをしてかわしに入る。この鳴きで塚本の必要牌である東が阿部に下がりツモ切られてしまう。結果、下山松本より1000を和了って塚本の大物手を潰し、下山も不調ながら的確な読みで戦う。ここまでトップの松本にとって楽に局が進んでいる印象だがこれが後に影響しなければよいのだが・・・

南1局 ドラ西
ここまでの各自の持ち点
松本:26900 塚本:38200 阿部:30200 下山:24700
南場にはいり親番の松本が今まで溜めていた足を爆発させる。まずはピンフのみを阿部より出和了し1500。続く1本場ではリーチ、
22345678 ツモ
高めの―が五枚見えだったが流局間際高めのをツモ、2600は2700オールの和了。2本場も3巡目リーチ、
二二六七七八九567
ドラはないものの塚本より出和了。リードを広げる。三本場も4000オールをツモ、松本がこのまま走ると優勝が決まってしまう。三人はこの親を止めることはできるのだろうか?

南1局 4本場 ドラ一
下山塚本の二人が松本の連荘を阻むため動きを見せる。下山は白をポンし塚本からリーチが入る。
一五五六六七七北北
これを親に被らせれば松本の勢いも止まりそうだが、松本もこれに追いつく
二三四1233555678
松本があっさり4をツモ、これが勢いの差なのだろうか。

南1局 5本場 ドラR
57300まで点棒を増やした松本、長い親も阿部のピンフのみに和了られ終了となるが優勝がみえてきた。

南2局 ドラ9
親の塚本、なんとか松本の素点を削りたいが阿部よりリーチ。これにつかまり5200の放銃となる。なかなか松本を捉えることができない。


南3局 1本場 ドラ
親の阿部、東をポンし聴牌を入れる
二二四五五六六七八八 東ポン
聴牌していた松本、二を阿部に放銃してしまう。阿部は貴重な直撃で和了、このまま一気に差を詰めたいところだ。

南3局 2本場 ドラ6
しかし、このままズルズルいかないのが今日の松本。タンヤオドラ1を阿部より出和了、淡々と局を進めていく。

南3局 2本場 ドラ西
下山、序盤に以下の一向聴
一一二六六123678
しかし聴牌を入れることができない、松本の一人聴牌で四回戦は終了。下山、阿部、塚本は松本に大量リードを許してしまう苦しい展開になってしまった。

四回戦終了時ポイント
松本:+34.6 阿部:+7.9 塚本:△16.1 下山:△26.4
トータルポイント
松本:+84.4 高田:+16.3 阿部:+10.3 塚本:△52.4
下山:△58.6

五回戦
起家:松本 南家:高田 西家:下山 北家:阿部
五回戦終了時点でトータル最下位が足きりとなるため下山はこの半荘で6.2ポイント浮かないと足きりとなる。さらに残り三半荘しかないため松本と68.1ポイント離れている高田、74.1ポイント離れている阿部はここで差を詰めないと苦しくなってしまう。結託して松本のポイントを削りたいところ。松本はこの三人の包囲網をくぐりぬけることはできるのだろうか。
東1局 ドラ中
高田がいきなり大物手を入れる。待ち国士の聴牌。しかしトップの阿部がダマで和了ってこれを阻む。松本につけいる隙がない。

東4局 ドラ
ここまで小場の展開が続いたが阿部が均衡を破る。
二三四五六七33
ダマで手変わりを待ち、最高のツモであるを入れてリーチ。これにここまで安定した麻雀を続けてきた高田がを放銃し11600の和了。松本に追いつくことはできるのだろうか。

東3局 3本場 ドラ4
2局連続で一人聴牌であった親の阿部を警戒した高田、ドラを切って両面チーをして場を進めようと試みるが下山よりリーチ
七八九RR
高田はこのリーチに少し冷や汗かいただろうが松本より1000の出和了。松本からしても1000点で怖い阿部の親を流せれるなら上出来だろう。

南2局 ドラ南
この局、松本高田に捕らえられてしまう。高田の6巡目リーチ
七八34556777
松本は孤立牌である六が5800の放銃となりラスに落ちる。苦しい展開となってしまった。

南2局 1本場 ドラ
高田はここでも和了を決める。以下の聴牌を入れるも三色を見据えダマにする。
六七七八九789東東
6をツモってリーチ、見事高目をツモって3900オールの和了。高田の勝負強さが光る。

南3局 ドラ四
この親を落とすともう後がない下山、この局に彼らしい一打が見られた。
一一22335566東RR
この手をダマで6巡目にツモるも和了らず、ホンイツを目指して一を落としていく。仮に3200オールを手にしても実質残り二回戦では効果的でないため18000をねらったのだ。高田に捌かれたものの下山らしい麻雀であった。このまま五回戦終了で下山は足きりとなり他四名で最後の戦いが始まる。

五回戦終了時ポイント
高田:+22.1 阿部:+12.6 下山:△7.7 松本:△29.0
トータルポイント
松本:+55.4 高田:+38.4 阿部:22.9 塚本:△52.4
下山:五回戦敗退

六回戦
起家:阿部 南家:松本 西家:塚本 北家:高田
五回戦では松本を苦しめた高田阿部、ポイント差も近くなり逆転が見えてきた。二人の猛攻に対して松本はどう受けるのだろうか?かわすのかぶつかるのか、最後まで目が離せない決勝戦だ。
東1局 ドラ九
ここまで攻めの姿勢で好結果を出してきた松本、6巡目にここでも攻めるリーチ、
四五五六六七中中
高田も同巡リーチ、
二三四11
塚本も次巡追いつく
一二三四五六九234
この勝負は塚本が制する。高田が九を掴み5200の放銃。なんて熱い戦いが繰り広げられる決勝戦だろう。自分も次こそはこの卓で闘牌したいと思うほどであった。

東3局 ドラ3
初めに苦しい放銃をしてしまった高田だがこの局で見事に体勢を立て直す。中を二鳴きして的確に動き、聴牌を果たす
三三五五九九九 一ポン 中ポン
この手にドラが暗子で親の塚本が三を放銃、苦しい展開から立て直すバランスの良さはさすがといったところだ。

東4局 ドラ七
この親番の高田が勝負を決めにかかる。
三四七八九34 ツモ 打
ピンズの三面張ではなく三色で6000オールを狙う手組み。その狙い通り5をツモってリーチを掛ける。高めをツモ和了するのではと思ったが松本が現物待ちのダマでこれをかわす。松本の思い切りのよい攻めとこの繊細さが高田を苦しめる。

南2局 ドラ東
高田がまたも動いて場を制しようと試みる。
三三三八八
この聴牌からをポンし対々に受ける。対して塚本も聴牌し勝負の構えをとるもまさかのハイテイで掴んだのは。ドラが場に4枚見えていたため勝負に出るもまさかの8000点の放銃、高田にとって大きな和了となった。この後なんとか高田の持ち点を削ろうとするもそのまま逃げ切られトップ。残すは半荘一回のみとなった。


六回戦終了時ポイント
高田:+21.2 松本:△1.8 塚本:△6.9 阿部:△13.5
トータルポイント
高田:+59.6 松本:+53.6 阿部:+9.4 塚本:△59.3

七回戦(最終戦)
起家:松本 南家:阿部 西家:塚本 北家:高田
大量リードを作りトップを守ってきた松本だが遂に高田に僅差だが捲くられてしまう。松本の強さならもしや六回戦までに優勝を決めてしまうのではと思わせるほどの勢いをみせたが高田が立ちふさがった。ほぼ着順勝負になった両名、どちらが優勝するのだろうか。

東2局 ドラ六
前局5200を和了し、50ポイント差を覆し優勝するため親番に臨むも聴牌が遠い。高田の一人聴牌で流局。

東4局 3本場 ドラ九
この局で今日一日の長い対決に決着が訪れる。積極的に攻める阿部、中盤リーチを掛ける。このリーチを受ける高田は以下の聴牌
四五五五
阿部の現物である中をツモ切ると松本よりロンの発声、
二二二66699RRR中中
12000の和了。もし高田が中をツモらなかったら、もし阿部のリーチの現物でなかったら、また異なる結末が待っていたのではないだろうか。この和了でトータルトップに躍り出た松本。途中、高田阿部により苦しめられるもこのまま逃げ切り見事優勝。多くの攻防が繰り広げられた大分最強プロアマ混合最強リーグは松本が王者となった。




松本は優勝後「楽しく打てました。」とコメントしたが優勝したからではなくそれは素晴らしい対局者に恵まれたため出た言葉だと思う。自分が思うに麻雀は勝つのも当然嬉しいことだがそれ以上に素晴らしい対局を味わったときの充足感は勝ち負けを超えたかけがえのないものである。

だから麻雀というゲームはやめられない。今日の対局を築き上げた五名にただただ賛辞を贈りたい。あと駄文ではありましたが読んで頂いた方に感謝の気持ちを述べたいと思います。優勝者の松本様、本当におめでとうございました。


第5回プロアマ混合リーグ観戦記

宮崎 皓之介


1回戦
起家:松本 南家:高田 西家:塚本 北家:下山   ・・・・・・ 抜け番:阿部

「よろしくお願いします―。」始まりの挨拶とともに起家の松本よりサイコロが振られ、決勝戦が始まった。今日、大分プロアマ混合最強リーグの王者が決まる。
一回戦では各自のセンスが光るも明暗が分かれる展開となった。そして暗の部分となり苦しい始まりを迎えたのは自分の予想にはない人物であった。

東1局 ドラ三
開幕である東1局、誰もがなんとしても先制点が欲しいなかで最初に仕掛けるのは下山。7巡目、一枚目の中をポン。ドラまたぎの一・四待ちでテンパイ、これを松本より2000の出和了。静かな立ち上がりとなり前回王者下山がまずは一歩リード、このような仕掛けの安定感はさすがといったところ。
東2局 ドラ一
この局、親の高田に勝負手が入る。7巡目
一一七八九234 ツモ 打
自分なら手拍子でリーチをかけてしまいそうだが高田はここでダマを選択。次順、一をツモるも空切りでダマ続行。ここでもリーチを打たないところで高田の慎重さが伺える。結果、塚本より5800を出和了。この局は他家にとって印象に残ったのではないだろうか?
東3局2本場 ドラ東
この局より下山にとってこの半荘は苦難の局となる。下山、平和をテンパイするもドラの東を警戒しダマを選択、おそらく東をツモったならば丁寧に対応したのだろうが終盤4を切ったところ親の塚本よりロンの発声。
三四五33356東東東 ロン4
下山の予想を上回る東の暗子、そしてここ一番の塚本の完璧なダマ。この放銃でラスに落ちた下山、精神のバランスを保ちながら反撃に出ることはできるのだろうか?そして決勝戦でも普段と変わらず塚本の大物手の気配の消し方はお手本そのものである。
東3局3本場 ドラ8
下山、前局の失点を取り返すべくドラの8をカンし待ちでリーチ。だが和了れずに一人テンパイで流局となる。
ここまでの各自の持ち点
松本:29300 高田:33300 塚本:37300 下山20100
東場は下山の不調が目立つ展開が続いた。下山はオーラスの親番までに如何にして堪えるかが課題となりそうだが三者がそれを許してくれるのだろうか?

南1局 ドラ
この局、高田の麻雀センスがきらりと光る。序盤
56南南中中 ツモR 打

Rが二枚切れなので安全牌の確保なのだろうがを残しホンイツを目指して手牌を広げないのが高田らしさなのだろう。確かに三者が競っているこの局面の放銃は致命傷になる可能性が高く、このような状況のリスク管理能力の高さも高田の魅力の一つ。異なる考えの人も当然いるだろうが自分は好判断だと思う。
七順目、中をポンした後に手牌は大きく変化する


56南南R 中ポン 打R
56南南 中ポン ツモ 打で4−7待ち1000点テンパイ
56南南 中ポン ツモ南 打6で5単騎5200点テンパイ
56南南 中ポン ツモ南 打6で5単騎5200点テンパイ
5南南南 中ポン ツモ北 打5で地獄単騎8000点テンパイ
南南南北 中ポン ツモ 打北、――の最終形まで変化する
下山のがこれに刺さり高田はこの会心の和了で塚本を抜いてトップ目となる。

南2局 ドラ
ここまで息を潜めていた松本、ここでリーチと勝負に出る。
六七八八九九55北北北  打八リーチ
イーぺーコーダマの七待ちにせずシャンポンにしてのこのリーチ、松本の攻める姿勢が感じ取れる。見事、九をツモり1300・2600の和了を得る。

南3局1本場 ドラ九
さきほど見事な和了をした松本に大物手が入る。なんと9巡目に国士を聴牌、待ちは二枚切れの。これに対して親の塚本、聴牌してはいないと判断してドラを11巡目に切るが同じ9でも違う色。結果、下山が危険を察知し1000点でかわすがもし塚本がを掴んでいたならば切ったのだろうか?今となってはわからないがどこか危うさを感じた局であった。

南4局 ドラ5
前局でようやく初和了の香林、その勢いのままに4巡目親リーチをかけるが、
これが和了り切れず一人聴牌で流局となってしまう。

南2局 2本場 ドラ東
なんとか和了りたい香林だが、9巡目下山より先制リーチが入ってしまう。
次巡香林も追いかけリーチを放つもあっさり当たり牌を握ってしまい下山に2600の放銃となってしまう。

南3局 ドラ西
オーラス、下山はなんとか連荘したいがトップ目の高田にあっさりツモの発声。一回戦は終始安定した高田が逃げ切り三人浮きだが見事トップ。対照的に下山は苦しいスタートとなった。

一回戦終了時点ポイント
高田:+17.9 塚本:+8.5 松本:+3.3 下山:△29.7

二回戦
起家:阿部 南家:下山 西家:高田 北家:塚本       ・・・・・・ 抜け番:松本
二回戦で注目したいのは阿部。一回戦抜け番でじっくり対局を観戦して臨んだこの半荘、阿部の動きが一回戦と異なる展開を作るに違いない。

東1局 ドラ東
一回戦で大きくマイナスをしてしまった下山、10巡目リーチを掛ける。
二三三四四五23455
自分はこのリーチはしないほうがよいのではと思った。理由は三つ。一つは下のピンズが河に高かったこと。二つ目は待ちが苦しいこと。最後に打点が大きく伸びないこと。ダマなら確実というわけではないし、リーチを打たないせいで他者に和了が出るかもしれないがこの手はダマがよいのではないだろうか?結果で決めるわけではないが一人聴牌で流局となり下山にとってあまり感触のよくない局だったであろう。一つの判断で結果が大きく異なるのが麻雀。この判断はこの日の下山にどのように影響するのであろうか?

東3局 ドラ
親の高田4巡目に白をポン、続けてポンし、ドラ色であるピンズに染めて大物手を狙う。しかし高田を走らせまいと立ちふさがるのは南家の塚本高田の聴牌打牌であるRで仕掛けて打。高田のとのシャンポンをすり抜け高田の一を捕らえる。
二二二三五五五七八九 Rポン ロン一
勝負所と判断し限界まで勝負した塚本、安目だが貴重な和了となった。

東4局 ドラ中
この局が二回戦で最大の山場となった。まず仕掛けたのは下山、ソーズのチンイツを三副露で聴牌しドラの中を切ると東と中のダブルバックで仕掛けていた阿部がポンし勝負の構え。高田
二二二三三六六六66 ポン
この手を作りツモれば2000・4000の勝負手。三者に遅れながらも塚本もリーチを掛ける。全面対決となったが制したのは阿部高田の9を出和了し7700を得る。
78東東 チー 中ポン 9ロン
この和了は阿部にとってとてつもなく大きなアドバンテージになっただろう。逆に連続放銃をしてしまい苦しい展開となった高田は立て直すことはできるのだろうか?

南1局 ドラ6
ここまでの各自の持ち点
阿部:40000 下山:32000 高田:16100 塚本:31900 
ここでも阿部がこの半荘の決定打をモノにする。下山よりリーチが入るも阿部はあっさりツモ和了ってしまう。
九九666 白ポン 四ポン ツモ九
なんとドラが暗子で6000オールの和了。二回戦はこのまま阿部が逃げ切り終了。勝負所を抑えることがしっかりできるのは阿部の長所、上手く緒戦を制することができた印象であった。

二回戦終了時点ポイント
阿部:+34.1 下山:△2.5 高田:△8.0 塚本:△23.6

トータルポイント
阿部:+34.1 高田:+9.9 松本:+3.3 塚本:△15.1
下山:△32.2


三回戦
起家:高田 南家:阿部 西家:松本 北家:塚本
三回戦で同卓するメンバーで唯一トータルマイナスである塚本、決勝戦まで見据えるとここで上位陣を沈めて差を埋めておきたいところ。また二回戦トップであった阿部、ポイントを重ねてさらなるリードを作りたいところだがこのメンバーで思惑通りに事を進めることができるのだろうか?

東1局 ドラ三
中盤、親の高田に勝負手が入る。
二三四12345789西西
この手、高田はダマを選択。まるで一回戦のピンフドラ2のダマを彷彿させるようなダマ、これが高田の持ち味なのだろう。これに塚本が高めの6で放銃、11600の和了。三回戦は高田ペースですすむのだろうか?

東1局 1本場 ドラ
この局も高田はドラ2の一向聴が入り高田が一気に攻め立てるかと思わせたが、阿部がピンフのダマで親の連荘を阻む。

東3局 ドラ七
親番の松本、前局にダマで3200を和了し迎えたこの局で以下の手牌
三三34555899 ツモ4
松本はここで打3としほぼ対子形に決め打つ。この後、4をポンしツモれば4000オールまで手を伸ばす。この松本の聴牌に親の和了を阻止したい高田も追いつく
一二三七七八八九九34
ダマで構えるも待ちである2は捨て牌に三枚、5は松本が暗子使いと苦しい展開。結果、松本が9をツモ和了、高田の好調に陰りが見えてきたか。

東3局 1本場 ドラ八
トータルポイントで差が開いている塚本、なんとか阿部をラスにして差を縮めたい。中盤でターツ選択を迫られる。
三四89 2カン 打9
塚本の読みでは上のピンズが良く見えたのだろう、イーぺーコー確定の打ではなくソーズを払っていく。この読みは的中しをツモ、文句なしの最短リーチを打つも今日はここからが遠い。結果、ツモれず高田と二人聴牌で流局。

東4局 3本場 ドラ三
ここまで和了ができていない塚本、この親番でようやく和了を手にする。南家の高田が一通狙いのチーを入れたところに塚本が苦しい形だがリーチを被せる。
一二三四五六2345579
これが功を奏し、高田はオリを選択させられてしまう。塚本は8をあっさりツモ、点棒以上に感触のよい和了だろう。

東4局 5本場 ドラ三
前局、ノーテン罰符で阿部をラスにし三着に浮上した塚本、ダブ東をポンするも松本阿部よりリーチが入るものの松本より3900を出和了。塚本に上昇の兆しが感じられる。
次局、東場の親はノーテンで流れてしまうが塚本にとって光明が見えてきた。

ここまでの各自の持ち点
高田:41100 阿部:15500 松本:35700 塚本:27000

南2局 10本場 ドラ6
本場が積まれてから互いに決定打が出せれていない三回戦、供託も2本ありこの局面での和了は大きいと判断した高田が仕掛ける。
一二三五六66 チー 九七八チー

苦しい形から仕掛け片和了だが聴牌を入れる。だが終盤に松本よりドラ切りリーチが入る。重苦しい空気が流れたが場を制したのは松本、「ツモ!!」と気合が入った声が響き手が開かれる。

四四777西西西白白白 ツモ

なんと四暗子ツモである。この和了で松本の持ち点は70000点を越えて大量のリードを得る。これが決定打となり三回戦は松本の大トップで終了となる。

三回戦終了時点ポイント
松本:+46.5 高田:+6.4 塚本:△21.2 阿部:△31.7

トータルポイント
松本:+49.8 高田:+16.3 阿部:+2.4 下山:△32.2 
塚本:△36.3

二回戦で大きなトップを取った緒方が三回戦ラスを引くこととなり決勝戦は混戦の様相を呈してきた。
またトータルラスの香林は残り二半荘で四人との差を縮めることはできるのだろうか?


四回戦
起家:松本 南家:塚本 西家:阿部 北家:下山
暫定だが松本がトータルトップに立ち差が開いた三回戦。松本にこれ以上走られると事実上優勝が決まる可能性が出てきた。なんとかこの四回戦で松本の勢いを削り差を縮めたい三者だがはたして上手くいくのだろうか?
東1局 ドラ
五回戦が抜け番である塚本、なりよりも素点が欲しいところに7巡目聴牌
三四五234678
三色の変化を見据えダマに構える。途中、阿部よりがでるもこの手を1300で和了たくないため見逃す。数少ないチャンスをものにするためじっとこらえる塚本。しかし、中盤まで変化せず二枚目のを阿部より出和了。

東3局 2本場 ドラ一
ここまで我慢の麻雀が続いている塚本、ここで今日一番の大物手。国士である。一向聴まで伸ばし逆転の一撃が入るかと思いきや、これに敏感に反応した下山。タンヤオのみの両面チーをしてかわしに入る。この鳴きで塚本の必要牌である東が阿部に下がりツモ切られてしまう。結果、下山松本より1000を和了って塚本の大物手を潰し、下山も不調ながら的確な読みで戦う。ここまでトップの松本にとって楽に局が進んでいる印象だがこれが後に影響しなければよいのだが・・・

南1局 ドラ西
ここまでの各自の持ち点
松本:26900 塚本:38200 阿部:30200 下山:24700
南場にはいり親番の松本が今まで溜めていた足を爆発させる。まずはピンフのみを阿部より出和了し1500。続く1本場ではリーチ、
22345678 ツモ
高めの―が五枚見えだったが流局間際高めのをツモ、2600は2700オールの和了。2本場も3巡目リーチ、
二二六七七八九567
ドラはないものの塚本より出和了。リードを広げる。三本場も4000オールをツモ、松本がこのまま走ると優勝が決まってしまう。三人はこの親を止めることはできるのだろうか?

南1局 4本場 ドラ一
下山塚本の二人が松本の連荘を阻むため動きを見せる。下山は白をポンし塚本からリーチが入る。
一五五六六七七北北
これを親に被らせれば松本の勢いも止まりそうだが、松本もこれに追いつく
二三四1233555678
松本があっさり4をツモ、これが勢いの差なのだろうか。

南1局 5本場 ドラR
57300まで点棒を増やした松本、長い親も阿部のピンフのみに和了られ終了となるが優勝がみえてきた。

南2局 ドラ9
親の塚本、なんとか松本の素点を削りたいが阿部よりリーチ。これにつかまり5200の放銃となる。なかなか松本を捉えることができない。


南3局 1本場 ドラ
親の阿部、東をポンし聴牌を入れる
二二四五五六六七八八 東ポン
聴牌していた松本、二を阿部に放銃してしまう。阿部は貴重な直撃で和了、このまま一気に差を詰めたいところだ。

南3局 2本場 ドラ6
しかし、このままズルズルいかないのが今日の松本。タンヤオドラ1を阿部より出和了、淡々と局を進めていく。

南3局 2本場 ドラ西
下山、序盤に以下の一向聴
一一二六六123678
しかし聴牌を入れることができない、松本の一人聴牌で四回戦は終了。下山、阿部、塚本は松本に大量リードを許してしまう苦しい展開になってしまった。

四回戦終了時ポイント
松本:+34.6 阿部:+7.9 塚本:△16.1 下山:△26.4
トータルポイント
松本:+84.4 高田:+16.3 阿部:+10.3 塚本:△52.4
下山:△58.6

五回戦
起家:松本 南家:高田 西家:下山 北家:阿部
五回戦終了時点でトータル最下位が足きりとなるため下山はこの半荘で6.2ポイント浮かないと足きりとなる。さらに残り三半荘しかないため松本と68.1ポイント離れている高田、74.1ポイント離れている阿部はここで差を詰めないと苦しくなってしまう。結託して松本のポイントを削りたいところ。松本はこの三人の包囲網をくぐりぬけることはできるのだろうか。
東1局 ドラ中
高田がいきなり大物手を入れる。待ち国士の聴牌。しかしトップの阿部がダマで和了ってこれを阻む。松本につけいる隙がない。

東4局 ドラ
ここまで小場の展開が続いたが阿部が均衡を破る。
二三四五六七33
ダマで手変わりを待ち、最高のツモであるを入れてリーチ。これにここまで安定した麻雀を続けてきた高田がを放銃し11600の和了。松本に追いつくことはできるのだろうか。

東3局 3本場 ドラ4
2局連続で一人聴牌であった親の阿部を警戒した高田、ドラを切って両面チーをして場を進めようと試みるが下山よりリーチ
七八九RR
高田はこのリーチに少し冷や汗かいただろうが松本より1000の出和了。松本からしても1000点で怖い阿部の親を流せれるなら上出来だろう。

南2局 ドラ南
この局、松本高田に捕らえられてしまう。高田の6巡目リーチ
七八34556777
松本は孤立牌である六が5800の放銃となりラスに落ちる。苦しい展開となってしまった。

南2局 1本場 ドラ
高田はここでも和了を決める。以下の聴牌を入れるも三色を見据えダマにする。
六七七八九789東東
6をツモってリーチ、見事高目をツモって3900オールの和了。高田の勝負強さが光る。

南3局 ドラ四
この親を落とすともう後がない下山、この局に彼らしい一打が見られた。
一一22335566東RR
この手をダマで6巡目にツモるも和了らず、ホンイツを目指して一を落としていく。仮に3200オールを手にしても実質残り二回戦では効果的でないため18000をねらったのだ。高田に捌かれたものの下山らしい麻雀であった。このまま五回戦終了で下山は足きりとなり他四名で最後の戦いが始まる。

五回戦終了時ポイント
高田:+22.1 阿部:+12.6 下山:△7.7 松本:△29.0
トータルポイント
松本:+55.4 高田:+38.4 阿部:22.9 塚本:△52.4
下山:五回戦敗退

六回戦
起家:阿部 南家:松本 西家:塚本 北家:高田
五回戦では松本を苦しめた高田阿部、ポイント差も近くなり逆転が見えてきた。二人の猛攻に対して松本はどう受けるのだろうか?かわすのかぶつかるのか、最後まで目が離せない決勝戦だ。
東1局 ドラ九
ここまで攻めの姿勢で好結果を出してきた松本、6巡目にここでも攻めるリーチ、
四五五六六七中中
高田も同巡リーチ、
二三四11
塚本も次巡追いつく
一二三四五六九234
この勝負は塚本が制する。高田が九を掴み5200の放銃。なんて熱い戦いが繰り広げられる決勝戦だろう。自分も次こそはこの卓で闘牌したいと思うほどであった。

東3局 ドラ3
初めに苦しい放銃をしてしまった高田だがこの局で見事に体勢を立て直す。中を二鳴きして的確に動き、聴牌を果たす
三三五五九九九 一ポン 中ポン
この手にドラが暗子で親の塚本が三を放銃、苦しい展開から立て直すバランスの良さはさすがといったところだ。

東4局 ドラ七
この親番の高田が勝負を決めにかかる。
三四七八九34 ツモ 打
ピンズの三面張ではなく三色で6000オールを狙う手組み。その狙い通り5をツモってリーチを掛ける。高めをツモ和了するのではと思ったが松本が現物待ちのダマでこれをかわす。松本の思い切りのよい攻めとこの繊細さが高田を苦しめる。

南2局 ドラ東
高田がまたも動いて場を制しようと試みる。
三三三八八
この聴牌からをポンし対々に受ける。対して塚本も聴牌し勝負の構えをとるもまさかのハイテイで掴んだのは。ドラが場に4枚見えていたため勝負に出るもまさかの8000点の放銃、高田にとって大きな和了となった。この後なんとか高田の持ち点を削ろうとするもそのまま逃げ切られトップ。残すは半荘一回のみとなった。


六回戦終了時ポイント
高田:+21.2 松本:△1.8 塚本:△6.9 阿部:△13.5
トータルポイント
高田:+59.6 松本:+53.6 阿部:+9.4 塚本:△59.3

七回戦(最終戦)
起家:松本 南家:阿部 西家:塚本 北家:高田
大量リードを作りトップを守ってきた松本だが遂に高田に僅差だが捲くられてしまう。松本の強さならもしや六回戦までに優勝を決めてしまうのではと思わせるほどの勢いをみせたが高田が立ちふさがった。ほぼ着順勝負になった両名、どちらが優勝するのだろうか。

東2局 ドラ六
前局5200を和了し、50ポイント差を覆し優勝するため親番に臨むも聴牌が遠い。高田の一人聴牌で流局。

東4局 3本場 ドラ九
この局で今日一日の長い対決に決着が訪れる。積極的に攻める阿部、中盤リーチを掛ける。このリーチを受ける高田は以下の聴牌
四五五五
阿部の現物である中をツモ切ると松本よりロンの発声、
二二二66699RRR中中
12000の和了。もし高田が中をツモらなかったら、もし阿部のリーチの現物でなかったら、また異なる結末が待っていたのではないだろうか。この和了でトータルトップに躍り出た松本。途中、高田阿部により苦しめられるもこのまま逃げ切り見事優勝。多くの攻防が繰り広げられた大分最強プロアマ混合最強リーグは松本が王者となった。




松本は優勝後「楽しく打てました。」とコメントしたが優勝したからではなくそれは素晴らしい対局者に恵まれたため出た言葉だと思う。自分が思うに麻雀は勝つのも当然嬉しいことだがそれ以上に素晴らしい対局を味わったときの充足感は勝ち負けを超えたかけがえのないものである。

だから麻雀というゲームはやめられない。今日の対局を築き上げた五名にただただ賛辞を贈りたい。あと駄文ではありましたが読んで頂いた方に感謝の気持ちを述べたいと思います。優勝者の松本様、本当におめでとうございました。



第四回BD最強リーグ決勝戦観戦記

宮崎 皓之介

―競技麻雀。
自分が初めて競技麻雀に挑戦したのはこのBD最強リーグがきっかけだった。
第三回BD最強リーグから参加し始めたのだが成績はというと悲惨なもので
今でも思い出すと当時の悔しかった気持ちを思い出す。

初めてトップを取ったのは第三回BD最強リーグの二節目で、
終わった後の達成感は今までに感じたことがないものであった。

自分がこれまでにしてきた麻雀とはどこか違う面白さが競技麻雀にはありどんどん麻雀にのめりこんだ。

「もっと麻雀を強くなりたい。」

ただそれだけを考え麻雀の勉強し始めたのも競技麻雀がきっかけだったと思う。
たくさんの本を買い、動画も観て、日本プロ麻雀連盟HPの雀力アップのコーナーは大好きで
こっそり授業中に読んだりもしていた。


そんな自分に大きな転機が訪れた。

日本プロ麻雀連盟のプロテストだ。

プロになろうと決めたのも自分の麻雀になにかプラスになればと思ったのが一番であった。
実際、連盟の九州本部の皆さんに麻雀でわからなかったことや疑問に思ったことを
たくさん尋ねることができ、雀力の向上にもつながった。
このようなことはなかなかできることではなく
貴重な経験になったことをこの場を借りて皆さんに感謝したい。
これも競技麻雀を始めたおかげだと思う。

これまで競技麻雀について書いたが、実際はほとんどの人は触れる機会がないものだと思う。
しかし、このように観戦記を書く機会が自分にやってきた。
もし、稚拙だが自分の書いた観戦記で競技麻雀に興味をもっていただいたら幸いである。

それでは、今回激戦を勝ち抜き決勝に残ったメンバーを紹介します




日本プロ麻雀連盟所属九州本部Aリーガー 第二回、第三回BD最強リーグ王者
バイキング塚本プロ


予選一位通過 
日本プロ麻雀連盟所属九州本部Cリーガー 
下山 哲也プロ


予選二位通過
初出場にして堂々の決勝進出、破壊力抜群の麻雀で優勝を狙う
ドスコイ香林


予選三位通過
第三回に続き連続決勝進出を果たした実力者、巧みな技術で卓上を支配する
緒方 栄佐


予選四位通過
門前に自信有り、鮮やかな和了を目指す手役の申し子
中島 天


以下敬称略

尚、決勝戦は全てポイント持ち越し五人打ち(一名抜け番)による五回戦を行い、
五回戦終了時で一名敗退となる。
上位四名が二回戦を行い第四回BD最強リーグ王者を決定する。

抜け番は前回王者塚本より選び予選一位通過、二位通過の順に選んでいく。
抜け番は以下の順に決まった。

一回戦 緒方
二回戦 香林
三回戦 下山
四回戦 塚本
五回戦 中島

立会人は金井大と自分の二名で行い、金井により決勝戦の合図が告げられた。


1回戦
起家:バイキング塚本 南家:ドスコイ香林 西家:中島 北家:下山   ・・・・・・ 抜け番:緒方
東1局 ドラ
親は三連覇を目指すバイキング塚本、配牌でダブ東を対子ととドラ含み面子があり好形。香林より東をポン、香林塚本より中をポンし二人の争いになるかと思われた矢先中島よりリーチが入る。
四五六白白白
その後塚本はダブ東ドラ1聴牌、香林もホンイツの高めハネ満の聴牌をいれるが下山よりツモの発声。役はツモのみでフリテンながらも400・700の和了だが三人の聴牌をかわした見事な和了であった。この東1局だけでも決勝のレベルの高さが十分に伝わってきた。

東2局 ドラ
ここでも前局華麗な和了を見せた下山が和了を得る。Rをポンし香林より3900の出和了を決める。

東3局 ドラ
下山のペースで東3局に入るが、ここで王者塚本に大物手が入る。ドラ暗刻で7巡目リーチをかける。
六七八西西
このリーチにタンヤオを聴牌していた香林がを一発で放銃し、塚本が8000の和了を決めトップ目に立つ。香林は連続で放銃することとなり苦しい展開となる。

東4局 ドラ三
ここまで塚本下山の両名が場を支配するなか東4局大きく場況が動く。序盤、中島にチンイツの一向聴、
一一二二三五五七七八九九中
面前で聴牌すれば三倍満まである。このあとツモ四、打中とし良形とする。
そして中盤ついに聴牌が入る。
入り目はなんとドラの三、中島は静かに河に四を並べる。
八は親の下山の現物でもあるため当然のダマ。
すると親の下山よりリーチがかかり現物の八を塚本が合わせ打ってしまう。
「ロン、―――24000」
一一二二三三五五七七八九九 ロン八
開かれた手牌を見て塚本は「―ハイ。」と一言。
塚本
は決勝前「自分らしい麻雀を打つ、それで結果が出せれば嬉しい。」と語っていた。
三倍満を放銃しても動揺せずに点棒を渡すその姿勢は素晴らしく麻雀プロの鏡であり、
彼が言う自分らしい麻雀の一つであると私は思う。
この局は和了った中島も素晴らしいが塚本の姿勢には感銘を覚えた。

南1局 ドラ
ここまでの各自の持ち点
塚本:13300 香林:17700 中島:53600 下山:35400
前局の和了により中島が大きくトップに躍り出る。
そして王者である塚本は南入の段階でラスと波乱の展開になってしまう。
このラス親でなんとか点棒を戻したい塚本、5800を香林より出和了しラスを脱出する。

南1局 1本場 ドラ
終盤、塚本はリーチをかけるも流局、中島との二人聴牌。

南1局 2本場 ドラ2
この局、親の塚本がここでも先手を打つ。6巡目リーチで、タンヤオ七対子のドラの2待ち。
しかし、これが和了れず15巡目、ついにラス目の香林より反撃のリーチがかかる。
これに塚本が一発で放銃し、満貫。塚本はふたたびラスに陥落してしまう。

南2局 ドラ
前局でようやく初和了の香林、その勢いのままに4巡目親リーチをかけるが、
これが和了り切れず一人聴牌で流局となってしまう。

南2局 2本場 ドラ東
なんとか和了りたい香林だが、9巡目下山より先制リーチが入ってしまう。
次巡香林も追いかけリーチを放つもあっさり当たり牌を握ってしまい下山に2600の放銃となってしまう。

南3局 ドラ西
この局、下山が積極的に仕掛ける。ダブ南とをポンし
 南ポン ポン
ホンイツの聴牌を入れる。しかしこの局を制したのは塚本であった。
気配を消していた塚本の大物手が中島の切った東を捉えた。
112233456東東西西 ロン東
12000をダマで和了。聴牌気配が微塵にもでておらず塚本の技術の高さが際立った。

南4局 ドラ
オーラス 各自の持ち点
塚本:21000 香林:19100 中島:42100 下山:37800

オーラス、塚本が動く。ダブ南をポンしマンズで染めて聴牌を入れる。
一二三五五七七七七九 南ポン
塚本、4枚目の南を引き入れ加カンするとリンシャン牌は八。ツモ和了となったがカンドラはなんと七。これが4000・8000の和了。これによって塚本下山をかわし二着に浮上して一回戦は終了となった。

一回戦終了時持ち点
塚本:37000 香林:15100 中島:38100 下山:29800

一回戦終了時点ポイント
香林:△30.9 下山:△8.2 塚本:+15.0 中島:+24.1 
緒方:抜け番

二回戦
起家:緒方 南家:下山 西家:中島 北家:塚本       ・・・・・・ 抜け番:香林
東1局 ドラ
一回戦抜け番の緒方が開幕からリーチで攻める。これに中島が放銃し、3900の和了となる。

東1局 1本場 ドラ
終盤、下山よりリーチがかかる。
二二二三456789 一ツモ 裏5
2000・4000の一本場の和了。

東2局 ドラ三
前局の和了から勢いに乗りたい下山、この親を活かしたいが中島より6巡目リーチがかかる。
三四五七七七678東東
これに緒方が放銃。安目だが2600の和了。

東3局 ドラ3
この局は親の中島下山の手につかまり8000の放銃となる。

東4局 ドラ一
ここまで和了がない塚本、親番で巻き返したいが下山より3巡目リーチ。−、R待ち。
これに塚本が5200の放銃となる。

南1局 ドラ
ここまでの各自の持ち点
緒方:27200 下山:51500 中島:18600 塚本:22700
下山がここまで大きくリードしており逆に一回戦トップを獲った中島がラスで決勝戦は波乱の様相となってきた。
この局、親の緒方が8巡目ペン三待ちで聴牌するもダマを選択。
2巡後、緒方がリーチをかけるが、同巡に中島も追っかけリーチ。
この勝負は緒方が一発でツモ和了、緒方に軍配があがる。
2000オールの和了で下山を追いかける。

南1局 3本場 ドラ
一本場、二本場ともに緒方は軽く和了って連荘するがついに本手が入る。
4巡目リーチを一発でツモ和了し、4000オール。
この和了で緒方はトップ目となる。この後も緒方は和了続け、なんと六本場まで積むこととなる。
同卓している三名は皆が戦巧者であり、自分の思い通りに麻雀を打つことが非常に難しい。
しかし、緒方はこの面子でも巧みに麻雀を打ち南1局を思い通りの展開とする。

南1局 6本場 ドラ4
ここまでの各自の持ち点
緒方:62700 下山:40200 中島:4700 塚本:12400

緒方の連荘を止めるべく下山よりリーチが入る。
44789
和了ことはできなかったが一人聴牌で流局。
連荘は終わったが緒方はこの親番で三万点以上稼ぎ大きくリードを作った。

南2局 七本場 ドラ7
ここで下山に5巡目、以下の手が入る。
三三四五六八67778
ドラ3でタンピン三色まである一向聴、12巡目チーで七待ちの聴牌とするが和了れず。
無念の流局となった。
下山
緒方の二人聴牌。

南2局 8本場 ドラ二
ここまで息を潜めていた塚本より12巡目、リーチがかかる。
これを緒方より出和了し、この半荘ようやく初和了した。リーチ・タンヤオ・ドラ1で5200は7600。

南3局 ドラ2
なんとかラスから脱出するべく中島、反撃の親リーチ。5巡目で
三四七七七九九789中中中
二―五待ちでドラこそないが裏ドラ次第で大きくなりそうなこのリーチ。
和了ってリズムを作りたいがトップ目の緒方より10巡目に追いかけリーチ。
勢いの差か緒方があっさりオナテンである二をツモ。これが234の三色の高めで3000・6000の和了。

南4局 ドラ
ここまでの各自の持ち点
緒方:68600 下山:40700 中島:△4800 塚本:15500
沈みである塚本、素点を叩いてポイントを残したいところだが下山の阻止されてしまう。
六七八4456 ポン ポン 
4をツモり、タンヤオのみで二回戦は終了となる。一回戦浮きである二人が二回戦で沈んでしまい簡単にポイントでリードさせまいとする緒方下山の思惑がうまくいった半荘であった。

二回戦終了時持ち点
緒方:68300 下山:41800 中島:△5100 塚本:15000

二回戦終了時点ポイント
緒方:+54.3 下山:+19.8 中島:△51.1 塚本:△23.0

トータルポイント
一位:緒方+54.3 二位:下山+11.6 三位:塚本△8.0
四位:中島△27.0 五位:香林△30.9


三回戦
起家:中島 南家:香林 西家:緒方 北家:塚本    ・・・・・・  抜け番:下山
東1局 ドラ7
親の中島、7巡目に好形の一向聴が入る。
四五3467789
その後、とツモり下の形とする。
三四五346778
11巡目、塚本が長考した後ドラの7を切る。
下家の中島、678と鳴いてマンガンのチーテンを取らずにスルー。
そして12巡目の中島のツモがで聴牌。
中島
は静かにドラを合わせ打ちダマを選択。
この手にトータルトップの緒方が5を放銃し、中島は見事12000の和了とした。

東1局 1本場 ドラ八
緒方より2巡目リーチがかかる。これをツモ和了して2000・4000の一本付けとする。

東2局 ドラ8
10巡目、塚本がダマの345の三色をツモ。2000・4000の和了。

東3局 ドラ1
7巡目、中島よりリーチ。
四五六七八中中中
親の緒方、このリーチにつかまり九を放銃。2600の和了となる。

東4局 ドラ
緒方塚本より3をロン。タンヤオドラ1の2000の和了。

南1局 ドラ六
ここまでの各自の持ち点
中島:38500 香林:23900 緒方:23700 塚本:33900
4巡目、塚本より先制リーチ。
しかし5巡目、親の中島も負けじとリーチをかける。
この勝負を制したのは塚本、2000・4000の和了。

南2局 ドラ四
ここまで苦しい展開の香林
緒方よりダマでピンフドラ1、2900の出和了。

南2局 1本場 ドラ9
なんとか流れを引き寄せたい香林だが塚本がそれを阻む。
塚本、ダマのピンフを中島より和了り香林の親は流されてしまう。

南3局 ドラ5
終盤、中島がピンフのみをツモ。400・700の和了。

南4局 ドラ5
ここまでの各自の持ち点
中島:30800 香林:24400 緒方:21000 塚本:43800
9巡目、ここでラス目の緒方よりリーチがかかる。
二三四五五五23567
このリーチを和了ってラスから抜け出したい緒方だが和了れず。
中島
緒方の二人聴牌で三回戦は終了となる。

三回戦終了時持ち点
中島:32300 香林:22900 緒方:21500 塚本:42300 供託1

三回戦終了時点ポイント
中島:+10.3 香林:△15.1 緒方:△24.5 塚本:+28.3 
供託1.0

トータルポイント
一位:緒方+29.8 二位:塚本+20.3 三位:下山+11.6 
四位:中島△16.7 五位:香林△46.0 供託1.0

二回戦で大きなトップを取った緒方が三回戦ラスを引くこととなり決勝戦は混戦の様相を呈してきた。
またトータルラスの香林は残り二半荘で四人との差を縮めることはできるのだろうか?


四回戦
起家:下山 南家:中島 西家:香林 北家:緒方    ・・・・・ 抜け番:塚本
東1局 ドラ
この局最初に動いたのは香林。二をポンし一向聴。
四五東東東西西 二ポン
ところが中盤、中島よりリーチが入る。
六七八九789中中中
このリーチに対し香林はリーチ後のをポン、打とし全面戦争の構えとする。
この勝負を制したのは香林
下山
より1300の出和了。

東2局 ドラ一
10巡目、下山より先制リーチが入る。
12678
親の中島、12巡目に聴牌を入れるも役なしでダマを選択。
44555677889
次巡5をツモ、5を暗カンし追いかけリーチとでるが二人聴牌で流局となる。

東2局 1本場 ドラ西
下山、白と中をポンしホンイツのドラの単騎待ちで聴牌するも一人聴牌で流局。

東3局 2本場 ドラ東
親の香林がRをポンし、1000オールのツモ和了。
一二三七八中中 Rポン ツモ九

東3局 3本場 ドラ
連荘して素点を稼ぎたい香林だが緒方のダマに8000の放銃してしまう。

東4局 ドラ二
9巡目、中島よりリーチ
二三四六六六12356
これに対し下山も12巡目、果敢に追いかけリーチとでる。
一二三3455677889
この勝負は中島に軍配があがる。下山より4ロン。2600の和了。

南1局 ドラ南
ここまでの各自の持ち点
下山:27400 中島:30900 香林:26500 緒方:35200
親の下山、5巡目リーチもラスの香林よりドラが暗刻の追いかけリーチを受ける。
下山
が一発でこれに捕まり12000の放銃となってしまう。

南2局 ドラ
8巡目、親の中島より先制リーチ、
四五六七八九4446
これにたいして三人とも丁寧にオリて一人聴牌で流局。
南2局 1本場 ドラ8
8巡目、下山よりリーチが入る。
五六七七八789
なんとか親番を維持したい中島、七対子を狙い手を進めるも流局。
香林
下山の二人聴牌で流局となる。

南3局 2本場 ドラ西
この局は積極的に仕掛けた香林が制する。
二三三六九九白白白
この形から九をポンし打二、その後五をツモり聴牌。
途中九をツモるも加カンはせず、緒方より四をロンし2000の和了。
これに供託の2000と2本場が入り香林らしい隙のない麻雀をこなす。

南3局 3本場 ドラ
ラス目の下山、リーチをかけるも宣言牌である南が緒方の南バックの仕掛けにつかまり
2000と3本場の放銃となる。

南4局 ドラ七
ここまでの各自の持ち点
下山:11000 中島:31400 香林:44600 緒方:33000
オーラス、マルCラスだけは回避したい下山
しかし、中島がダマで南・ドラ1の2600を香林より出和了し四回戦は終了となる。
四回戦、下山は痛恨のマルCラスを引くこととなってしまった。

四回戦終了時持ち点
下山:11000 中島:34000 香林:42000 緒方:33000
四回戦終了時ポイント
下山:△43.0 中島:+10.0 香林:+28.0 緒方:+5.0
トータルポイント
一位:緒方+34.8 二位:塚本+20.3 三位:中島△6.7 
四位:香林△18.0 五位:下山△31.4 供託1.0

四回戦を終了し決勝戦はますます混戦となってきた。
全員に大きなポイント差はなく五回戦の結果次第では誰が足きりになってもおかしくない状況となった。
なお五回戦が終了した段階でトータルラスは足きりとなるルールとなっている。
そのため四半荘を消化した中島は五回戦の結果を待つのみとなった。

五回戦
起家:塚本 南家:緒方 西家:下山 北家:香林
東1局 ドラ
親の塚本、丁寧に手を進め11巡目に七対子ドラ2の聴牌を入れる。
しかし同巡に香林よりリーチがかかる。
塚本
はダマで押すも一発で香林の当たり牌を掴み8000の放銃となってしまう。

東2局 ドラ三
中盤、香林が中ポン、ペン7チーしてソーズに走るも下山よりリーチを被らされてしまう。
一二三四六
香林がこのリーチに刺さり裏ドラがで5200の放銃。

東3局 ドラ7
11巡目、塚本よりリーチ、
四五六七八456789東東
九をあっさりツモり1000・2000の和了。

東4局 ドラ八
5巡目緒方が動く。
456789中中 チー
中バックのチーテンだが、次巡下山よりリーチが入る。
二三四七八九234
このリーチに親の香林が放銃し裏八で5200の和了。

南1局 ドラ南
ここまでの各自の持ち点
塚本:26000 緒方:29000 下山:38400 香林:26600
1巡目、親の塚本が東をポンしこの局積極的に仕掛ける。その後Rをポンし下の形、
二三南 東ポン Rポン
中盤に、とツモって一気にホンイツへ走り一向聴とするも下山よりリーチが入る。
一二三五六七55
塚本も一向聴だがリーチに対して真っ向勝負の構えをみせる。
二人の勝負かと思われたが香林がリーチ後下山よりをポンし次巡、下山のを捉える。
 ポン
塚本の必要牌を絞り、オリているかと思っていたが
こんな美しい手に仕上げているとは予想外で観衆も驚きの表情であった。
安めで8000の和了だったが実に見事な和了だった。

南2局 ドラ西
前局の和了でトップ目にたった香林が6巡目先制リーチをかける。
一二三七八九1145
下山がこのリーチに対し追いかけリーチを打つ。数巡後、「―ツモ。」下山より発声がかかる。
二二333666北北 ツモ北
なんとトータルラスの下山がこの土壇場で四暗刻ツモ。
香林
の和了牌が6枚も使われており、二人の勢いの差が如実に表れた。
これによって下山が一気にトップへと躍り出た。

南3局 ドラ南
緒方がタンヤオで仕掛け香林より1000の出和了。

南4局 ドラ三
ここまでの各自の持ち点
塚本:18000 緒方:14000 下山:62400 香林:25600
この親番を逃すと敗退が決まってしまう香林はなんとか連荘を狙いたいが緒方よりリーチが入ってしまう。
四五六34556
香林の健闘も空しくこのリーチに7がつかまり裏ドラが五で8000の放銃。
五回戦は終了となりこの瞬間、香林は惜しくも敗退となってしまった。

五回戦終了時持ち点
塚本:18000 緒方:22000 下山:62400 香林:17600
五回戦終了時ポイント
塚本:△18.0 緒方:△10.0 下山:+56.4 香林:△28.4
トータルポイント
一位:下山+25.0 二位:緒方+24.8 三位:塚本+2.3
四位:中島△6.7 五回戦敗退:香林△46.4 供託1.0

五回戦でトータルラスであった下山が0.2P差ではあるが逆転しトップ目に立った。
残り二回戦だが全員僅差で誰でも優勝の目が残っており、最後まで目が離せない決勝となった。
香林は惜しくも五回戦敗退となってしまったが実力的には他の四名となんら遜色はないものであった。
彼自身、決勝戦の調子が悪そうではあったが様々な工夫や努力が対局中に見られ
彼の麻雀の引き出しの多さに驚いた。ここまで素晴らしい麻雀を打った彼を讃えたい。

六回戦
起家:中島 南家:下山 西家:緒方 北家:塚本
東1局 ドラ3
6巡目、先制パンチを入れるべく塚本よりリーチがかかる。
五五六七234777
しかし、和了れず。これは下山との二人聴牌で流局となる。

東2局 1本場 ドラ五
親の下山より6巡目にリーチが入る。
五六七4446789
ドラが入り目の好形リーチ。
塚本
より9を出和了し、裏ドラは七で7700の一本付けの和了となった。

東2局 2本場 ドラ
下山、連荘してポイント稼ぐべく中をポンし積極的に攻めるがそうはさせまいと緒方塚本も仕掛ける。
この局を制するのは緒方、タンヤオのみの300・500の和了。

東3局 ドラ七
13巡目、親の緒方がリーチするも一人聴牌で流局。

東3局 1本場 ドラ西
終盤、中島リーチも一人聴牌で流局。

東4局 2本場 ドラ一
ここで親の塚本に大物手が入る。配牌で
二二二四六六六七北北北南南
役満までありえるこの手、5巡目に三をツモり打七でダマに構える。
これにピンズに寄せて聴牌を入れていた中島が捕まり9600は10200の和了。

東4局 3本場 ドラ三
緒方塚本の空中戦になるもここは緒方に軍牌、
 北ポン 九ポン 南ポン ツモ
400・700は700・1000の和了で東場は終了。

南1局 ドラ三
ここまでの各自の持ち点
中島:18100 下山:37100 緒方:33600 塚本:31200
ここまで苦しい展開の中島、ラスを引くと優勝がかなり厳しくなるためこの親を活かしたいが
緒方より仕掛けが入る。
役牌のみ1000点の仕掛けだが下山が放銃。
中島の親番があっさりと終わり中島にとって痛恨の1000点となった。

南2局 ドラ 
12巡目、塚本よりリーチ、
三三四五六567RRR
中島がこのリーチに対し完全手詰まりを起こし、の形から打で放銃してしまう。
裏ドラ7で5200の和了。

南3局 ドラ北
5巡目、親の緒方より先制リーチが入る。
五六七12356
しかし、14巡目に塚本が追いかけリーチ。緒方がこれに放銃してしまう。
三四五78 ロン9
裏が一つ乗って3900の和了となる。

南4局 ドラ東
ここまでの各自の持ち点
中島:12900 下山:36100 緒方:29700 塚本:41300
オーラス、下山が自風の西をポンし捌きにはいる。
六六六七八567 西ポン
これを緒方より1000を和了り、六回戦は終了となり残すは最終戦である七回戦のみとなった。

六回戦終了時持ち点
中島:12900 下山:37100 緒方:28700 塚本:41300
六回戦終了時ポイント
中島:△33.1 下山:+15.1 緒方:△9.3 塚本:+27.3
トータルポイント
一位:下山+40.1 二位:塚本+29.6 三位:緒方+15.5
四位:中島△39.8 五回戦敗退:香林

七回戦(最終戦)
起家:塚本 南家:緒方 西家:中島 北家:下山
六回戦を終えて遂に残すは最終戦である七回戦のみとなった。
下山
がリードをしつつも塚本緒方の両名が浮きで追う形となり優勝はほぼこの三名に絞られた。
ここまで実に見ごたえのある素晴らしい決勝戦で、
各自の思惑が入り混じり非常にレベルの高い麻雀をみることができた。
これから始まる最終戦も今まで以上に素晴らしい麻雀になるに違いない、
そして起家の塚本がサイコロを振り最終戦は始まった。

東1局 ドラ
緒方が鳴いて仕掛けるも親の塚本よりリーチが入る。
緒方が一発でドラのを放銃し、塚本が優勝に向けて一歩前進する。

東1局 1本場 ドラ二
前局、手痛い放銃をした緒方だがこの局Rをポン、東をツモ和了。
役2ホンイツのマンガンの和了ですぐに体制を立て直す。

東2局 ドラ九
この局、下山が積極的に仕掛ける。自風の西から仕掛け最終形が下の形。
 西ポン 南ポン ポン
塚本よりを出和了、3900の和了。

東3局 ドラ3
この局も下山が果敢に攻める。ドラの3を切ってリーチをかける。
二二四五五六六七78
ここで宣言牌である3に緒方が反応、3をポンし下山を追いかける。
結果は緒方下山の二人聴牌で流局となった。

東4局 1本場 ドラ9
緒方が鳴いてホンイツのみをツモ和了、500・1000は600・1100の和了。

南1局 ドラ西
ここまでの各自の持ち点
塚本:31900 緒方:31100 中島:25800 下山:31200
七回戦は塚本緒方下山の三名ともが和了って接戦となって南場に入った。
そろそろ決定打が欲しい三者だが、ここで手が入ったのは緒方であった。
緒方よりなんとダブルリーチが入る。
一二三四六34588中中中
苦しい待ちではあるが塚本がこれにつかまり5200の和了となる。

南2局 ドラ
親の緒方が仕掛けるも塚本よりリーチ、
七八九45566788
しかし、緒方が競り勝ち白のみ1500を塚本より出和了。

南2局 1本場 ドラ南
12巡目、緒方に本手が入る。
三四五七八九345南南
高めツモなら6000オールまであるこのリーチに中島がつかまる。
緒方
の捨て牌にがあり筋を追ってを放銃。
裏はなかったものの7700は8000の和了。

南2局 2本場 ドラ
ここで緒方の連荘をなんとしても止めたい下山。終盤、苦しい配牌からも聴牌までもってくる。
三四五六七八RR
ドラそばで苦しい待ちだがリーチをかけ、をツモ和了。
1000・2000の2本付けの和了だが緒方の連荘を止める大きな和了となった。

南3局 ドラ4
下山がこの局も攻める。中島よりダブ南をポンし、中盤にホンイツを聴牌する。
12355579RR 南ポン
この後9をツモ、打7で待ちを変える。塚本よりリーチ宣言が入るも宣言牌であるRをとらえ8000の和了。
決勝戦も残すはオーラスのみとなった。

南4局 ドラ五
ここまでの各自の持ち点
塚本:15000 緒方:44600 中島:16600 下山:43800
七回戦の持ち点を含めたトータルで二位の緒方が優勝するためには
下山
より出和了なら8000以上、ツモならハネ満以上、脇からなら倍満以上が条件となった。
オーラスの親の和了止めがないため下山は完全にオリの構え。
そのため直撃は難しく基本的にはハネ満ツモを狙う緒方だが4巡目の形が
六六七八九34668中
となっており非常に苦しく、最後まで諦めずに手を進めるも流局。
全員静かに手牌を伏せこの瞬間、第4回BD最強リーグの王者が決定した。

七回戦終了時持ち点
塚本:15000 緒方:44600 中島:16600 下山:43800
七回戦終了時ポイント
塚本:△31.0 緒方:+30.6 中島:△21.4 下山:+21.8



長かった決勝戦が終わり第四回BD最強リーグを制したのは下山哲也プロでした。
途中トータルラスに落ちるも懸命に打ち続け、
まるでその思いがこもったかのような四暗刻を和了り逆転、
その後もリード維持して見事に優勝を決めました。

麻雀というゲームは理不尽な部分があると僕は思います。
必ずとも上手い人が勝つとも限らないし、どんなに一生懸命に打っても結果が伴わないこともあります。

しかし、今回の決勝戦は各々が懸命に打ち、
闘うことで素晴らしいものになったのだと思います。
もし誰か一人でも手を抜いたり、適当な姿勢で決勝に臨んでいたならば
このような決勝を見ることは出来ませんでした。


そして自分もこのステージに残って決勝に望めるように努力していきたいと思います。

BD大分本店11周年記念大会観戦記

朝晩の冷え込みが徐々に厳しくなってきた、平成23年11月26日(土)、27日(日)の両日、ブルードラゴン大分本店におきまして、
「ブルードラゴン大分本店11周年記念イベント」
を開催いたしました。

27日(日)には
「11周年記念大会」を開催し、日頃より当店をご愛顧頂いているお客様をはじめ、
遠くは福岡、鹿児島、宮崎等の各方面よりご参加いただき、総勢52名、満卓による開催となりました。

会場風景


(開会に当たり挨拶する社長の中村)

大会開始前より、店内は熱気ムンムン。
大会は、予選が半荘3回戦、予選上位8名により準決勝戦へ進出でき、準決勝戦各卓上位2名ずつで決勝戦をとり行いました。

開会式及びルール説明の後、1回戦の開始です。


(予選の様子)


1回戦は65,700点を叩き出した世良裕孝様がトップ。
以下、63,000点の小林太郎様、54,300点の赤星暢一様と続きます。

2回戦は予選通過を見越した叩き合いが各卓で展開。
81,600点を叩き出した小柳武様、70,300点の川畑善貴様をはじめ、50,000点オーバーが6名。
2回戦トータルは、2連勝の赤星暢一様が176.8pでトップ。
同じく2連勝の小林太郎様が161.8pで2位。
以下、小柳武様154.4p、阿部竜也様146.4pと続きます。

予選最終3回戦。
鷹尾哲治様が68,800点、仲島洋様が65,200点を叩き出すも、残念ながら予選突破にわずかに届きませんでした。

予選通過順位(ポイント)
1位 小林太郎様 230.5p
2位 岡田真代様 201.4p
3位 小柳武様  191.4p
4位 赤星暢一様 189.6p
5位 阿部竜也様 181.2p
6位 園田隆夫様 167.0p
7位 大山天   155.9p
8位 緒方栄祐様 154.3p


準決勝A卓(小林様、小柳様、阿部様、大山)
小柳武様が49,700点で決勝進出。
3者の2着争いを制した阿部竜也様が同じく決勝進出。

準決勝B卓(岡田様、赤星様、園田様、緒方様)
赤星暢一様が52,600点で決勝進出。
2着争いはオーラスの和了で園田隆夫様が同じく決勝進出。


決勝戦(小柳様、赤星様、阿部様、園田様)
決勝戦は、最終オーラスまでもつれる白熱した戦いとなりました。
最後は僅差ながら阿部竜也様が見事抜け出し、11周年記念大会の覇者となりました!
おめでとうございます!!!




(優勝の瞬間!!)



優勝:阿部竜也様





準優勝:園田隆夫様




第三位:赤星暢一様




第四位:小柳武様


今後もブルードラゴン大分本店は、お客様に楽しんで頂けるイベントや大会をどんどん企画してまいります。
今後のブルードラゴンにもどうぞご期待ください!

ブルードラゴン大分本店
主任 伊東



ジラフ中村の 『骨髄バンクチャリテイー麻雀大会』 レポート

皆さんこんにちは、ジラフ中村です。 平成23年11月3日(祝)、東京銀座の柳本店にて、「骨髄バンクチャリテイ―麻雀大会」が今年も開催されました。 ノーレート麻雀ネットワーク・二ューロンが主催する本大会は、皆様の温かいご理解とご支援のおかげで7年目を迎えます。 大会の運営者は、当グループと公私ともに親交のある、日本プロ麻雀協会のルーラ山口プロと、日本プロ麻雀連盟のスーパースター、二階堂留美プロのお二人です。お二人の行動力と人望にはただただ頭が下がる思いがいたします。 ブルードラゴングループは、本大会の趣旨に賛同し、5年前より協賛をさせていただいております。 例年、当グループからは私が参加させていただいているのですが、今年は弊社専務のバイキング塚本もプライベートに参加いたしました。

挨拶風景

76名もの方にご参加いただきましたが、その中には各プロ団体の女流プロ(17名)や俳優の柴田光太郎さんもボランティアとして参加されました。

大会システムは、半荘4回戦のトータルポイントで順位を競いますが、2回戦終了時には「骨髄バンクについての講演・Q&A」があり、優しさと思いやりに溢れる体験談には、私自身心を打たれました。

大会風景


また、4回戦終了時には、女流プロと参加ゲストによる「チャリティーオークション」が開催され、今回は10名の方々がプライベートグッズを出品されました。 チャリティーオークションでは、おおよそ5000円前後の金額で競り落とされることが多いのですが、オーラスの和泉由希子プロの番になると会場がどよめきます! 値段もうなぎ上りにどんどん吊りあがり、最後には司会のルーラー山口プロが48,000円で打ち止めにしていました。 相変わらず和泉プロの人気度は群を抜いています。

オークション写真

また、大会の結果は、一般参加の藤田直人様が1068ポイントで見事優勝されました!! おめでとうございます! 尚、私とバイキング塚本は麻雀で点棒をバラまき(!?)、チャリティー大会の目的を達成することができました。 感動と共に記憶に残る1日を過ごす事ができ、とても幸せに思います。 今後もブルードラゴンは微力ながら本大会を支援して参る所存です。 皆様におかれましても今後ともご理解、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


ゲスト集合写真

平成23年11月10日
ジラフ中村



第9回ドラゴン大王! 大盛況御礼!!





大分本店10周年記念大会開催決定!!

平成22年11月20日(土)、21日(日)の2日間にわたり、ブルードラゴン大分本店において『10周年記念イベント』を開催致しました。

初日はブルードラゴンを代表する雀士、ジラフ中村、オードリー田辺、ストロング吉野、私バイキング塚本による、フリーガチンコバトルを開催!
ラス、トビで自腹を切ってのプレミア大放出で、多くのお客様がご満足いただけたご様子でした。

また、21日(日)には10周年記念大会を開催し、定員56名の大会はキャンセル待ちの方が多数出るほどの人気ぶり!
(キャンセル待にてご参加頂けなかったお客様には大変ご迷惑をお掛けいたしました。)

ツモ!!16000オール!

ツモ!!8000、16000

など・・・、役満も飛び交う中、見事予選を1位通過したのは中竹英希様。
準決勝(16名による、各卓優勝者が決勝へ)も、南入したときにはラス目でしたが、高打点をしっかり和了し、見事な試合運びで決勝進出!


決勝卓風景!

決勝では静かな立ち上がりが東4局まで進み、清水竜一様の跳満一発ツモのリードで、ラス前の自親まで16500点のラス目と苦しむも、6000オールの総まくりの一発で決め、中竹様が見事優勝!15万pを獲得されました!!

また、決勝に残った中竹英希様、清水竜一様、世良裕孝様、加藤俊博様の4名様は、来年1月にブルードラゴン大分本店にて開催されます、≪第9回ドラゴン大王≫本戦の『大分本店代表シード選手』として登録されました。
ドラゴン大王でのご活躍も期待しております。

優勝 中竹英希様
15万P獲得!!
準優勝 清水竜一様

3位 世良裕孝様 4位 加藤俊博様

おかげさまで、お客様の暖かいご支援を賜り、大分本店は10周年を迎えることができました。従業員一同、心より感謝申し上げます。
今まで以上にお客様に愛される店作りを心がけて参りますので、今後ともブルードラゴン大分本店をご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。


専務取締役
バイキング塚本



ドラゴン大王!大盛況御礼!!

ドラゴン大王!大盛況御礼!!

皆さんこんにちは、ジラフ中村です。

毎年1月に開催されます、ブルードラゴングループ/日本プロ麻雀連盟九州本部共催の『ドラゴン大王決定戦』は、おかげ様で第8回を迎えることができました。
多くのお客様にこの醍醐味を体験して頂きたく、今回初めて、福岡天神店からより卓数の多い大分本店へ決勝の地を移しました。


各店のシード選手15名、福岡天神店予選(1/10)勝ち上がり者16名、大分本店最終予選(1/23)勝ち上がり者16名、それにゲストシード9名
○日本プロ麻雀連盟副会長   伊藤優孝プロ
○日本プロ麻雀連盟      清水香織プロ
○日本プロ麻雀協会      上田唯プロ
○日本プロ麻雀協会      ルーラー山口プロ
○日本プロ麻雀連盟九州本部  浜上文吾プロ
○日本プロ麻雀連盟九州本部  安東裕允プロ
○日本プロ麻雀連盟九州本部  ジャガー真鍋プロ
○株式会社アルバン代表取締役社長     新宮学様
○アミューズメントサービス代表取締役社長 高橋常幸様



以上、総勢56名で、決戦の火蓋が切って落とされました!

今大会は、まず予選3回を戦い、成績上位16名が準々決勝進出へ進出します。
準々決勝からはトーナメント戦となり、各卓上位2名ずつが準決勝へ進出でき、準決勝でも各卓上位2名ずつが決勝戦へ進出するシステムとなっています。

東京から参戦のゲストシードの方々が次々と姿を消していく混戦模様の中、見事、準決勝進出を決めた8名の選手をここで紹介します。

準決勝A卓(起家より)
○浜崎 悠様(福岡天神店シード)
○矢野 拓郎様(福岡天神店シード)
○安東 裕允プロ(日本麻雀連盟九州本部シード)
○林 一行様(福岡天神店予選勝ち上がり)

準決勝A卓


かなりレベルの高いこの卓では、やはり皆様慎重に打っていました。
あまり点棒も動かない状況の中、東3局で福岡天神店の王位戦予選大会でも見事優勝した浜崎様が、1300.2600をツモあがり一歩リード、その後もノーテン、聴牌で点棒が動く程度で迎えたオーラスの各自の持ち点は、
浜崎様34800点、矢野様19500点、安東プロ21600点、林様24100点
この最終局で安東プロが林様から3900点の出アガリで、この卓からは、浜崎様と安東プロが決勝戦進出を果たされました!!


準決勝B卓(起家より)
○流水 聖人プロ(福岡天神店予選勝ち上がり)
○宮田 知尚様(福岡天神店予選勝ち上がり)
○由川 景悟様(福岡天神店予選勝ち上がり)
○古林 千寿様(大分本店予選勝ち上がり)

準決勝B卓


準々決勝のオーラスの親番で6000オールをツモリ、準決勝進出を決めた流水プロの勢いが止まらず、東場では一人で点棒を集めていましたが、途中からは気の緩みもあったのでしょうか?放銃回数が増し、迎えたオーラスではなんと3着まで順位が落ちていました。
しかし、彼がここから仕切り直し、2着目の宮田様から5200点の出アガリを決め、この卓からは古林様と流水プロが決勝戦進出を果たされました!!


決勝卓(起家より)
浜崎悠様×流水聖人プロ×古林千寿様×安東裕允プロ


決勝卓


「宜しくお願いします。」の礼で始まった決勝戦、まず先手を取ったのが浜崎様。東1局1本場で流水プロから7700は8000を出アガリ。
更に、東3局1本場で古林様、浜崎様、安東プロの3人リーチ、
古林様、安東プロの待ちは同じ1−4、浜崎様の待ちは―、
ここで古林様が積もってきたを緊張のあまり!?カンをし忘れ河へ・・・・・。
その後の浜崎様の勢いを誰も止められず、オーラスでも2000.4000をツモアガリ圧勝でした。

優勝おめでとうございます!!(*^^)v


第8代 ドラゴン大王 浜崎 悠様
「本戦の前日に大分店に入りフリーで打ちこんだのが良い結果に繋がりました。本当にうれしいです。」


準優勝 古林 千寿様
「初めての大会参加で緊張して泣きそうでしたが、ここまでこれて嬉しいです。来年も頑張ります。」


第3位  安東 裕允プロ
「今回はきちんと自分の麻雀が打てましたので、悔いはないです。」


第4位  流水 聖人プロ
「準々決勝と準決勝で運を使い果たしました。悔しいです。」


今大会は、初めての大分本店での決勝開催でしたが、多くの方にご参加いただき誠にありがとうございました。
今後ともブルードラゴングループをご愛顧のほどよろしくお願い致しますm(__)m


平成22年1月26日
ブルードラゴングループ専務取締役
ジラフ中村


大分本店 9周年記念大会レポート

11/14(土)、11/15(日)の2日間にわたりBD大分店では9周年記念イベントを開催致しました。

当グループ所属の清水香織プロを交えてのフリー対局ではプレミアも多数続出と満足の対局となったのではないでしょうか?

15日に開催された9周年記念大会は定員56名の満員御礼で開始され上位16名が準決勝へ進み、各卓の上位1名が決勝へ進むシステムの中、見事決勝へ勝ち上がったのは、

合澤雄貴様、野田まゆみ様、寺坂航様、黒木敏彦様の4名です。

決勝戦、今大会の紅一点、トムカップ予選で四暗刻単騎を和った野田様が東場を終えた時点で頭一つ抜け出し逃げ切りかと思われましたが、南場の親番で先行リーチの黒木様から倍満を和った合澤様が逆転し、オーラスも合澤様が締めくくり見事、9周年記念大会の栄冠に輝きました。おめでとうございます。

決勝に残られた方のコメント。

優勝 合澤雄貴 様

特に気負う事なく楽しもうとしたのが
最高の結果に繋がりました。
第2位 野田まゆみ 様

めちゃくちゃ嬉しいです!
楽しい時間を過ごせました。
第3位 寺坂航 様

凄い緊張して普段の麻雀が出来なかったです。
第4位 黒木敏彦 様

WDをリーチ後に
切ってしまったのが敗因です。

今後もブルードラゴングループはお客様のご期待に応えられるよう誠心誠意のサービスに努めてまいります。
今後も何卒宜しくお願い致します。


ミンチボール関口




★☆第一回TOMカップ速報☆★

ブルードラゴングループ主催/日本プロ麻雀連盟九州本部後援

大盛況御礼!★第一回TOMカップレポート★

〜御礼〜 

7月19日に予選大会、7月20日に本戦が行われました第1回麻雀TOMカップ戦、両日合わせて総勢120名の参加者でキャンセル無しの大盛況にて無事開催致す事が出来ました。

優勝は、  日本プロ麻雀連盟の藤原隆弘プロ
準優勝は、大分店常連の伊藤大善様
3位は、  天神店から参加の陶山昌明様
4位は、  日本プロ麻雀連盟伊藤優孝プロでした。

県外からの出場も含みます沢山の参加者の方々、運営にご協力頂きました日本プロ麻雀連盟九州本部の方々、ご協賛頂きました各企業の 方々、本当にありがとうございました。
今後共、ブルードラゴングループにご愛顧頂けますよう宜しくお願い申し上げます。
ありがとうございました。

オードリー 田辺


ジラフの『第1回麻雀TOMカップ戦』レポート


7月20日(祝)、午前5時。
緊張と興奮で胸の高まりを抑えられない私は、いつもより2時間早く目が覚めました。

ブルードラゴングループ史上最大のビッグイベント、TOMカップ決勝の日をついに迎えたのです!

総勢56名の猛者達も、400,000ポイントを目前に、やや興奮気味に会場入りされた様子。

いつもは明るい雰囲気の店内ですが、決勝当日だけは やや殺気だった雰囲気につつまれ、思わず緊張から手が震えてしまいました。

前日の予選では、56名のうち成績上位28名が翌日の本戦へ進出できるシステムですので、ラスを引かない為の、かなり慎重な対局が目立ったような気がします。

予選の勝ち上がり28名と、各店(大分本店、福岡天神店、熊本店)のシード選手、日本プロ麻雀連盟九州本部のシード選手28名が加わり、
AM10:30、総勢56名による第3回戦がついにスタートしました!!

ここでは、成績上位16名が次のステップのベスト24へ進出できます。


競技Aルールに馴れたプロ達が多数参加するなかでの対戦でしたが、トータルポイントが+28.7以上の16名がベスト24へ進出しました!

ここで、ベスト24から参戦するシード選手8名を紹介しておきましょう。

伊藤 優孝プロ
日本プロ麻雀連盟副会長/Aリーグ
藤原 隆弘プロ
日本プロ麻雀連盟/Aリーグ
清水 香織プロ
日本プロ麻雀連盟
高橋 常幸プロ
(株)日本アミューズメントサービス 代表取締役
ルーラー山口プロ
日本プロ麻雀協会
浜上 文吾プロ
日本プロ麻雀連盟九州本部
安東 裕允プロ
日本プロ麻雀連盟九州本部
ジャガー真鍋プロ
日本プロ麻雀連盟九州本部

上記の日本を代表するトッププロも参戦し、

ついに最終決戦が始まったのです!

ここから決勝戦までの6回戦(1.2.3回戦→準々決勝→準決勝→決勝)の個人成績はすべて持ち越しのシステムとなっていますので、最初から最後までモチべーションを保つのが、かなりしんどかった事と思います。

3回戦終了時点で成績下位8名カット、準々決勝終了時点で成績下位8名カット、準決勝で成績下位4名カット。

そして、いよいよ

『第1回麻雀TOMカップ戦』の決勝進出者4名が決定!


決勝卓を囲むのは・・・、

藤原 隆弘プロ
トータルポイント+80.3
 

陶山 昌明様/福岡
トータルポイント+78.5
 

伊藤 優孝プロ
トータルポイント+54.2
 

伊藤 大善様/大分
トータルポイント+48.5
 


決勝戦が始まる前、会場の片隅で一人上を向いて眼を閉じ、静かに精神統一をしている藤原プロを発見! 最後の戦いに向けイメージトレーニングしている姿に、トッププロのオーラを感じました。

そしてついに、誰が優勝してもおかしくないポイント差の中、

決勝戦が始まりました!

大激戦の中、東場では伊藤プロの調子が悪く、かなり厳しい状況になっていました。

伊藤様  42,100
藤原プロ 40,200
陶山様  32,200
伊藤プロ  5,400
 


南1局での各自の持ち点 、まだまだ優勝の行方がわからない局面 南1局2本場で、藤原プロにテンパイが入る!

三四五456NNN・・・・・ドラ7

リーチを打たずにヤミテンでツモ・・・・・・500、1,000のツモアガリ!

積みと供託1,000点を併せて、3,600点を稼ぎだす!

当面の敵でもある陶山様の親番でリーチしたい局面でもあるが、ヤミテンでキッチリ和了する藤原プロ。 陶山様の親番を落とし、その後の対局を有利に進める藤原プロ。

陶山様の親番を落とし、その後の対局を有利に進める藤原プロ。

「リーチを打つとリスク(放銃)もあるのでヤミテンを選択した。」

大会後の本人談ですが、さすがに競技Aルールを知り尽くしたトッププロのコメントです!

その他にもポイントとなる対局がいくつもありましたが、最終的に、

藤原プロが逃げ切り、見事優勝を果たしました!!

「競技ルールなら俺に任せろ!40万Pは頂くぜ!!」
と優勝宣言までされた、有言実行の藤原プロ!本当に見事でした!!

九州本部の連盟員たちが祝福に駆け寄った時、

「僕の後ろで少しは参考になっただろ。皆ももっと勉強して強くなってくれよ。」

と後輩たちに叱咤激励している姿がとても印象的でした。

・・・・・・ようやく、二日間の熱い戦いが幕を下ろしました。

今後も更に、皆様が、競技麻雀の楽しさ、面白さに関心を持って頂ける様、ブルードラゴングループ一丸となり努力していく所存です。

来年のTOMカップにも、どうぞご期待下さい!!

次の優勝者はあなたかもしれません!!

平成21年7月20日
ブルードラゴングループ専務取締役
ジラフ中村

 
優勝藤原隆弘プロ
400,000ポイント獲得!
かなりプレッシャーがありましたが、優勝出来て本当に良かったです!嬉しくてたまりません!又、来年も呼んでください。」

 
第二位伊藤大善様/大分
100,000ポイント獲得!
「準決勝で大きなラスを引いてしまい本当に悔しいです。来年は必ず優勝したいです!」

 
第三位陶山昌明様/福岡
50,000ポイント獲得!
「福岡天神店の大会、イベントにはいつも参加しています。決勝戦まではけっこう残るんですが、 まだ一度も優勝出来ていません。次回は必ず優勝します!

 
第四位伊藤優孝プロ
30,000ポイント獲得!
「藤原プロが優勝して本当に良かったよ。俺達プロが二人共決勝戦に残ってアマチュアに負けたんじゃ面目丸つぶれだもんね。 良かった。良かった。」


大分本店8周年記念大会報告

16日(日)に、8周年記念大会が行われ、10卓満卓の中見事決勝のキップを掴んだのは以下の4名様。

・藤田祥司様…(大会といえばこの人。先月の還元大会も決勝まで進出しており今大会最有力候補!)
・北山慧様…(今大会初参戦。大柄な体格とは裏腹に繊細な打ち筋を持つ今大会の台風の目)
・松尾博文様…(当日キャンセル待ちという難関を見事クリアし昭和テイストの打ち筋でどこまで他を圧倒出来るか!)
・稲田富士樹様…(福岡からの参戦!誰もが納得するその丁寧な打ち回しで虎視眈々と優勝を狙う。)

対局開始!
東1局、ドラを雀頭にした西家の松尾様1000、2000をツモりあがる。ムム…。小場か?いや、おそらくそれはないだろう。
何故ならあの藤田様がいるからである。

藤田様といえば荒れ場をこよなく愛する人物。その藤田様の入った卓が小場になるはずが無い。と思っていた矢先の出来事だった。

親番を向えた南家の北山様が藤田様から2900出和了を皮切りにツモ6100オール、またまた藤田様より12600出和了と怒濤の連荘を見せる。
ようやく、北家稲田様が3000、6000をツモあがり、東2局が終了した時点で点棒は以下の通り。
藤田様  △1000点
北山様  54500点
松尾様  17600点
稲田様  28900点
さすがである。開始2局で完全な荒れ場にしてしまった。
その後も北山様は攻撃の手を緩めず、あがりを重ね、気が付けば7万点オーバー。負けじと稲田様は跳満、松尾様も倍満をツモりあがるも、その点差はあまりにも開き過ぎていた…。

かくして先月の還元大会に続き、荒れに荒れた決勝戦、
1位 北山様 65700点
2位 松尾様 34400点
3位 稲田様 24700点
4位 藤田様 記録的なマイナス24800点という結果にて終了致しました。

北山様、おめでとうございます!


 
優勝 北山慧様
準優勝 松尾博文様
 
3位 稲田富士樹様
4位 藤田祥司様






大分本店還元大会報告報告!
 10月5日の日曜日、大分本店にてお客さまへの還元大会が行われました。
出場資格は毎月各店で趣向を凝らして行われるドラゴンリーグの、大分本店での7・8・9月のそれぞれ上位15名のみに与えられ、優勝ー100,000P、2位ー50,000P、3位ー30,000P、4位ー10,000Pというビッグイベントです。
今回資格獲得者27名でしたが、仕事等で都合のつかない方続出にて結局参加者19名という高確率! 5卓で試合開始する為に空き枠1席に急遽当社社長が本気モードで参戦。
予選2回戦のトータル上位8名が準決勝進出ですが、もともと当店常連の上級者ばかりの大会にて大混戦。役満が出たりしながらの準決勝進出者は成績順に次の方々。1位通過は松尾様、以下海老海様、徳丸様、岸川様、藤田様、岡田様、子浦様、中川様の8名。当社社長、惜しくも準決勝残れず…(-_-;)
2卓で準決勝1回戦行い決勝に残れたのは岸川様、徳丸様、岡田様、藤田様の4名でした。

決勝戦の東の1局 ドラピン、親番中の岸川様がダブ東をポンして 三四33のテンパイ。
そこへ北家の藤田様が 三四五七九44567のドラをアンコにしてのリーチ、このカン八萬を岸川様がツモ切りして満貫放銃。
続く東2局 ドラピン、親番中の徳丸様が11456でリーチをかけ一発ツモの4000オール、東の3局には1本場のドラ六萬、8順目に 六六七七444666の形で藤田様がリーチをかけ六萬ツモの跳満宣告。

しかし倍満だったことが後に分かる!さらに南の1局 ドラ中で 親番の岸川様が 白白白 五(赤)六345(赤)中中 のダマ満貫テンパイ。そこに上家の藤田様から ゆるいドラの中切りがあるとすかさずポンして白を切り跳満にした後、七萬を捨てた岡田様から18,000出あがり。
この時点で各持ち点は岸川様 30,100、徳丸様32,100、藤田様 37,700、岡田様100となる。

しかし、その後果敢に攻めた徳丸様が二回満貫をあがり49,000 のトップ目で迎えたオーラス。
ドラはピン、親番の藤田様がピンをポンして 44777のテンパイ。
しかし岸川様が 南南南東東二三四五(赤)六七 の形でリーチ、そこへ藤田様 ドラのピンを持って来る。
絶体絶命の大ピンチ!! 降りてそのまま流れてしまえば2着確定…。
さぁ どうする?!

しかし藤田様は降りる人ではなかった…!
あくまでもトップを目指しピンをツモ切り跳満放銃。その一打は 20,000Pであった…。

かくして荒れに荒れた決勝戦、1位徳丸様、2位岸川様、3位藤田様、4位岡田様という結果にて終了致しました。
そういえば予選の時、徳丸様は唯一役満(国士無双)を上がった方でした。
おめでとうございました。
次回11月の大分本店8周年のイベントにもたくさんのお客さまのご来店をお待ちしております。


 
1位 徳丸様
2位 岸川様
 
3位 藤田様
4位 岡田様





大分本店7周年記念イベント報告!
 12月22日(土)、23日(日)の2日間にわたり、大分本店にてビックゲストに二階堂姉妹と、当グループ所属清水香織プロをお招きし、盛大な7周年記念イベントが行われました。22日(土)には、9,10,11月のドラゴンリーグ上位の方々による記念大会が行われました。
見事決勝に残ったのは、前回覇者、海老海様、9,10,11月ドラゴンリーグ3連覇の藤田様、そしてOPEN当初からの常連様でもある、伊藤様、中野様の4名になりました。 決勝戦はかなり一方的な展開で中野様の圧勝劇が繰り広げられました。
オーラスは2位まで与えられるドラゴン大王シード権を残り3名が争うほど・・・。 中野様、おめでとうございます。準決勝の海老海様と共に大分本店を代表してドラゴン大王での健闘をお祈り致します。
続いて23日(日)には皆様にクリスマス、ショートケーキのサービス! ゲストと甘い一時を刻んでもらえました。 おかげ様で大分本店も皆様のご愛顧を賜わり7周年を迎える事ができました。
今後も元気一杯に年末年始は休まず営業致します。 皆様のご来店を従業員一同心よりお待ちいたして降ります。
バイキング塚本

   
清水プロ、瑠美プロ、亜樹プロ
優勝 中野様
 
準優勝 海老海様



 



★ 大分本店VIPフロアー増設のお知らせ ★

大分本店は12月25日にビルの一階部分にまでスペースを広げ、今までの10卓から14卓の構成になりました。
各卓には十分なスペースを確保し、卓間にはプランターと緑を多く用いて独立感の強い仕上がりを実現することが出来ました。 ゆったりとした気分でお楽しみいただけると思います。
駐車場も広くお車でお越しいただいても十分に駐車スペースもございます。
大分にお住まいの皆様は、是非一度BD大分本店のVIPフロアーを覗いて下さい。

オードリー田辺


大分本店VIPフロアー写真
大分本店VIPフロアー写真





第18回最強戦予選大会報告!
 9/2(日)残暑厳しい中、BD大分本店で第18回最強戦予選が開催されました。
総勢40名の10卓満卓の中から2名の大阪で行われる西日本大会への出場権をかけて、
会場は熱気溢れるピリピリとした空気に包まれて真剣勝負が繰り広げられました。
緊急参戦した某スタッフは国士無双を放銃して、フラフラなんて光景もあり・・・。
そんな中、見事に勝ち上がったのは、木坂公亮様、服部学様でした。
決勝本戦、そして最強位目指して頑張って下さい。
最後になりましたが、今大会に参加して下さった皆様、大会運営に協力して下さった日本アミューズメントサービス代表取締役高橋社長、日本プロ麻雀協会の成瀬朱美プロ、吉倉万里プロ誠にありがとうございました。心より御礼申し上げます。
バイキング塚本


 
吉倉万里プロ・成瀬朱美プロ 
木坂公亮様

 
服部学様 
大会風景



★ドラゴンマスター決定戦報告★
8月5日(日)5,6,7月のドラゴンリーグ上位のみに与えられるシード権を獲得された方によって行われた今大会の参加者達は優勝賞品100,000pを目指し皆様気合の入った方ばかりでした。
準決勝、決勝まで大接戦が繰り広げられ見事頂点に立ったのは海老海浩一様でした。 当グループ所属プロでもある海老海様は決勝戦でも巧みな和了や打ち回しで見事優勝を勝ち取りました。 大分本店では年内に更なるBIGイベントを計画しております。
今回惜しくも敗戦された方、HPを御覧になって麻雀を打ちたくなった方など、皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ち致しております。
バイキング塚本

   
優勝 海老海様
準優勝 高島様
 
3位 利光様

   
大会風景
決勝卓風景
 
4位 山田様


★6周年記念イベント報告★
 さる11月の11日(土)・12日(日)に大分本店では6周年記念イベントを開催致しました。ゲストプロにフジTV系「あいのり」参加で大ブレークの 和泉由希子プロと、当BDグループの女王清水香織プロの2名をお招きしての2日間でした。初日11日(土)はゲストプロプレミアイベントを行い、両プロのラスと飛びにプレミアプレゼントをお付けしましたところ、清水プロは死守、和泉プロはサービス精神旺盛に大放出されお客様は大喜び!! 翌12日(日)には6周年記念大会を行い、40名受付に県外からの多数御参加とキャンセル待ち続出にて、2日間共満卓の大盛況でした。
大会優勝者は某雀荘の元メンバー坪井敦様、2位には何とフリーデビュー2ヶ月の18才浅井宗人様、3位辛島高広様でした。和泉プロの人気も  高く、写真撮影&サイン会にも多数御参加されました。
今回、たくさんの方々のご愛顧を頂きまして、ブルードラゴングループ発祥の地大分本店は無事6周年を迎えることが出来ました。
皆様本当にありがとうございました。
今後ますますサービスに努め、皆様に御満足頂けます雀荘作りを目指して行く所存でございます。
これからもブルードラゴングループ大分本店を宜しくお願い申し上げます。
店長 オードリー田辺

   
優勝 坪井 敦様
準優勝 浅井 宗人様
 
3位 辛島高広様

 
大会挨拶風景 
和泉 由希子プロ・清水香織プロ



第1回大分最強戦大会結果報告
 さる8月6日(日)、BD大分本店において、“大分県の麻雀最強を決定しよう”という大会を行いました。もともと夏には毎年日本プロ
麻雀協会主催の“麻雀最強戦”の大分予選大会を行っておりましたが今年は本大会自体が中止になり、それでは淋しいと言う事と
日頃ご愛顧頂いています皆様に感謝の意を込めまして高ポイント還元大会を開いた次第であります。
おかげさまで福岡・熊本からも御参加頂き総勢40名の満卓大盛況にて無事終了致しました。
予選3回戦、準決勝・決勝各1回戦を制しました小坂様は若くて男前さらに引きの強さはBD大分本店で1〜2位を争うほど!!
決勝戦におきましても、東一局にいきなり橋本様に親満を振り込み、東二局は1人ノーテン、東三局に山本様に7700点放銃南場に
入った時点では、トップ橋本様48000点持ち、2位山本様35900点持ち、3位財津様18200点持ち、ラスの小坂様は17900
点持ちでしたが、南2局の親番中に6000点オールをつもり、7700点の2本場8300点出和了、オーラスにピンフドラ1を和了り、
終了してみれば46000点持ちのトップに…。他の3名様は皆20000点台という結果になり、お見事の一言に尽きました。決勝に
残られました上位4名様は来年行われますドラゴン大王大会のシード選手となりますので、そちらも頑張って下さい。
今回御参加頂きました皆様方本当に有難うございました。来年も催したいと思いますので、その折には又ぜひ御参加下さいませ。

大分本店 店長 オードリー田辺

   
優勝 小坂 直己様
準優勝 山本 亮太様
 
3位 財津 洋介様




ブルードラゴン大分本店ゲストイベント報告!
 さる4月14日(金)の午後5時より午前0時まで女流最高位三連覇の山口まやプロ(最高位戦日本プロ麻雀協会)と、当ブルードラゴングループ所属、第27代王位・第2回プロクィーン優勝の清水香織プロ(日本プロ麻雀連盟)をお招きしてのゲストイベント大会が行われ、大盛況にて無事終了致しました。ゲストプロのお二人はさすがに強く、プレミア放出も僅かでした。
平日につき、通常なら正午から夜9時位までのゲストの滞在を繰り下げた為、多くのお客様との対局が可能になり、そのため沢山御来店頂きまして、満卓状態で何人もお待たせする状況になり、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。
次なるイベント時も、皆様方の御来店を心よりお待ち申し上げております。
本当にありがとうございました。
大分本店 店長 オードリー田辺


 
山口 まやプロ 清水 香織プロ
山口 まやプロ